グリーン上でボールマークを直すとパターが良くなる?



グリーン上のボールマークを直すということ

自宅でパターの練習をしても、実戦ではうまくいかないってことありますよね。

3メートルから5メートルくらいの距離のパットが残って、そこからなかなか2打でカップインできないと悩んでいる方で、スコア100を切れるか切れないかで悩んでいる方を対象に書いた記事です。

ズバリ、言いたいことは、グリーン上のボールマークを直すことが、3メートルから5メートルの距離を2パットで上がるために役に立ちますというお話です。

Sponsored Links

上級者の教え。グリーンマークを直すといいことがある!

このことは、グリーン上のマナーにも直結することなのですが、昔、ある上級者から教わったことです。

『グリーンに上がったら、グリーンに親切にするといいですよ。ボールマークを直すと、パットが不思議と良くなるんですよ。嘘みたいな話ですが、ほんとです。信じるか信じないかはあなた次第!』

最後の都市伝説のような言葉は、冗談で後付けしましたが、こんな感じで教わりました。

グリーンに落ちたボール跡をボールマークと言いますが、ボールマークをグリーンフォークを、刺して直すという単純なことです。

よくプロのトーナメントで見る光景だと思います。あの仕草がかっこいいですよね。グリーンを優しくケアしているように見えます。

 

ボールマークをひたすら直す!

特に論理的な根拠があるとは思われませんでしたが、せっかく教えていただいたので、実行することにしました。とりあえず、ゴルフ場で配られていた無料のプラスチックのグリーンフォークで直し始めました。

意外とぽこぽこ穴が空いているなって思いました。最初の時は、グリーンフォークの使い方を見様見真似で使ってみて、たぶん、根っことかボロボロにしてしまったかもしれません。ごめんなさい(-_-;)。

とにかくひたすら直しました。

最初の教えてもらった日から実践して、次のラウンドもその次のラウンドも癖にするようにしました。なので、お気に入りのグリーンフォークを買うまでになりました。

お気に入りのグリーンフォークを探してみてください。マーカー付きのものがあったり、デザインがいろいろあって楽しいですよ。

Sponsored Links

ボールマークを直すことで得られるもの

グリーンフォークを買ってまでやり続けると、最初のうちは、あんまり気にしていなかったんですが、ちょっとずつ変化がありました。

ほんの些細なことだったのですが、やけにボールマークを直す回数が少ないなって思ったら、グリーンが硬かったと気づいたんです。硬いグリーンって、そもそもあんまりボールマークがつかないんですね。

逆に、ボールマークを直す回数が多いコースもあります。まるでボールが落っこちたら、埋まってしまうかのようなグリーンです。ここは直し甲斐があります。こういうコースはグリーンでボールが跳ねるということがないので、ショットが転がってオーバーするというのが少ないです。

パットの方はどう違うかというと、グリーンが柔らかいとボールの転がりは遅くなり、グリーンが硬ければ比較的ボールの転がりが速くなると思います。

ボールマークを直したことでの効果

芝の長さも関係してきますし、ベントグリーンか高麗グリーンかとか、芝の違いもあると思いますのでグリーンの硬さだけで劇的に変わるかと言えばそうでもないです。

ただ、グリーンの状態を、今までは足の裏だけで感じていたのを、グリーンフォークを通してですが、手の感覚で感じることができたことがとても大きいと思います。

実は、もう一つ、ボールマークを直すことで得られたことがあります。こちらの方が大きなことだったかもしれません。

それは一言で言うと、『心の余裕』です。

そのまま、ボールを拾い上げず、雑巾などで拭かずに打つ人が多いです。でも、グリーン上のボール跡を直す癖をつけることで、グリーンをよく観察する癖を無意識のうちにつくることができたのだと思います。

また、ボールを打つ前の一呼吸を得ることにもなります。プレーファストは大前提ですが、あまりにそれを過度に意識しぎるのも楽しくないと思います。やはり、マナーに反しない程度に、余裕を持ってプレーすることは大事だと思います。

その余裕をどう作り出すか、グリーン上のボールマークを直すことで一呼吸作り出すというのは一つの方法だと思います。

まとめ

100を切るか切らないか、この時がもっともゴルフが楽しい時と言われました。確かに振り返ってみると、初めて100を切った時はとてもうれしくて仕方がなかったことを思い出します。

今回グリーンフォークを使うということが、3メートルから5メートルの距離のパットを2パットでおさめるということに効果があると書いてきました。

実際に、3メートルから5メートルの距離をだいたいツーパットでおさまるような感じを持てるようになるまでにはかなり時間を要しました。

ただ、このグリーンフォークが役に立ったことは間違いないと今でも思っています。

グリーンに優しく、自分のパットにも役立つ。一緒に回っている仲間もその直す姿を見て気持ちがよくなります。

『三方良し』とは、相手良し、自分良し、世間良しを教えた近江商人の商売の極意ですが、まさしくグリーンのボールマークを直すことも通じるものがありますね。

どうぞあなたのゴルフライフが楽しく充実したものでありますように!(*^_^*)!

おすすめのグリーンフォーク

ダンロップ ゼクシオ DUNLOP XXIO クリップマーカー&グリーンフォークセット(シルバー)GGF-35215

【ゴルフ初心者本コースラウンドのコツまとめ】ゴルフを嫌いにならないために。に戻る

Sponsored Links