年末前にエクセルを使ってざっくり計算。会計ソフトに連動させれば時短!



確定申告で悩むのは遅い

この11月という季節は、小売業をしている個人事業主の古い付き合いの友人に、会計の入力作業を頼まれます。友人は、数字の入力作業が苦手なのです。

友人から頼まれることになったのは、こんなことが発端でした。

毎年友人から、確定申告の時期は苦労するという話を聞いていました。

確定申告って、3月15日までの期限に、前の年の儲けを計算して、税金の申告をすることですよね。なので、苦しみの原因は、確定申告の時期ではなくて、この12月を目前にした頃なのではないかと私は思いました。
Sponsored Links

エクセルを使ってざっくり

そこで、友人と話をしたのです。

私:『あれを買っておけば経費になったとか、いつも確定申告の最中に言ってるけど、すでに手遅れなんじゃない?』

友人:『うん。確かに。12月までに気づけばよかったんだけど。まだ間があると思って・・・』

私:『本当は、11月くらいに売り上げとかざっくりと集計できていればいいよね。12月に経費にできる買い物もできるし。』

友人:『だけど、11月も12月も忙しいんだよ!俺は本当に数字が苦手なんだよね~泪』

そんな流れもあり、

『じゃあ、とりあえずエクセルに入れてざっくり計算してあげよっか?』

これがことの始まりでした。

私はエクセルが好きなので、別に入力作業とか、式をいじったりするのはあまり苦にならないのです。

ただ、入力する情報を一気に持って来られるとさすがに大変ですから、友人には、なるだけ、定期的に持ってきてって言ってます。

ま、それでも、11月くらいに一気に入力していくんですけどね。

けっこう私、めんどくさがりなもので。

エクセルで入力は意外と簡単

最初のうちは、何もわからないので、いろいろ理解するのに大変でしたが、入力自体は、ほとんどクレジットカードやインターネット上の口座で管理されているため、それらの履歴をcsvで出すことができました。そのせいもあり、現金払いの領収書はそれほど数はありません。

初年さえ入力が済んでしまえば、意外と、毎年同じ項目なので簡単にもなります。

たったこれだけのことですが、年末になる前に、何か買い忘れたものがないかを確認しておくことで節税をすることができます。
Sponsored Links

エクセルで入力したものが確定申告に役立つ

最初は、単純に11月までの売り上げを把握することを目的にやっていたのですが、やっているとおもしろいものです。

あれもできないか、これもできないかって一つ一つクリアしていくと、確定申告の書類を作成する基礎のデータベースを作ることが自動的にできました。

確定申告ソフトに取り込むことができるようになったのです。

このあたりの記事は『確定申告 やよいの青色申告ソフトをエクセルで編集してインポート』に書きましたので参考にしていただければと思います。

なぜ会計ソフトに直接入力しないの?

エクセルで管理って話をしましたが、どうして会計ソフトに直接入力しないの?っていう疑問もあると思います。

これはまったくそのとおりで、会計ソフトに入れてもいいと思います。

しかし、私の場合、一個一個入れていくのが、じれったいというか、エクセルならば、コピペで一発ってところが、会計ソフトではそうはいかないんです。

また、エクセルの置換を使えば、過去に入れていた内容を簡単に変更することもできます。編集するのがエクセルだと楽なんです。

ま、はじめのきっかけが、エクセルでざっくり把握するってところから始まりましたので、会計ソフトに入力してあげるところまでは最初はなかったんです。

エクセルが好きで、エクセルで管理したいって方にはおすすめです。

確定申告までのタイムマネジメント

実際に、弥生の青色申告に入力するのは、年が明けてからでも十分に間に合いますから、タイムマネジメント的にもちょうどよい感じです。11月にざっくり計算して、年が明けて1月になったら、12月分の経費や売り上げを足して、確定申告ソフトに取り込んで終了です。

いちいち、2月から3月までの確定申告期間に、ああでもない、こうでもないと悩み引きずることもなく、スムーズに片付きます。

税理士さんを頼むレベルになれば、税理士さんに丸投げで問題ないのでしょうが、税理士さんに頼むほど規模が大きくない場合は、自分で会計ソフトを用意してやってみると、意外とできるものです。

ちなみに私は『やよいの青色申告』を使用していますが、他にもソフトがありますので比較してみると良いと思います。

やはり自分にあったものが良いと思いますので、無料お試しなどを使って、操作してみることをお勧めします。

主な会計ソフトは、下記の3社です。これらの中から選んでおけばまず間違えはありません。リンク貼っておきますので、参考にしてみてください。

◆弥生会計
◆会計freee

◆マネーフォワードクラウド会計

 

まとめ

毎年確定申告の時期に悩む方に対して、とりあえず11月にエクセルでざっくり売り上げと経費を計算できてしまえば、あとあと楽になりますよってお話でした。

人間おもしろいもので、いくら使えるってわかると、買うべきものがもこもこ湧いてきます。

本当に事業に必要なものしか経費になりませんからその辺はしっかり理性を働かせなくてはなりませんが、このように準備すると、意外と、ちゃんとした経費(?笑)が支出できることに驚きます。

年末までもう少し!ファイト!!(*^_^*)

Sponsored Links