パターとウェッジ、距離感はどちらが難しい?比較してみた!



パターがどれだけ簡単かを知る

前回の記事で書ききれなかった、距離感について書きます。

L字パターでカラーからアプローチしたいけど、やっぱり距離感が難しいって思って躊躇してる人にむけて書いてます。

まず、一番最初に、確認したいのは、サンドウェッジでアプローチした場合と比べて、パターで打つと距離感がどれだけ狂うかってことなんです。

距離感が難しいと言っても、サンドウェッジで距離感を出すよりははるかに簡単だということなんです。

サンドウェッジでどれだけうまくアプローチができたとしても、1メートル以内に寄るなら最高だと思います。

ピンを、中心にして、半径1メートルの円の中に入れるとした時、ウェッジとパターでどちらが多く入れることができるか?ここをまず考えてみれば、圧倒的にパターの方が寄ると思います。

Sponsored Links

パターとウェッジの確率実験

私は、実際に実験してみたことがあります。

カラーからグリーンまでが1メートル弱で、グリーンエッジからカップまでが、5メートルくらいの場所から、パターと58度のサンドウェッジで10球ずつ寄せてみました。

すると、パターは最初の1球こそ大きくショートしましたが、2球目以降は、ほぼ1メートル以内に寄りました。

最初のショートは、カラーでどらだけボールの勢いが弱まるのかわからないため、そうなりましたが、一度試してわかってしまえば、大体このくらいって感じで距離感が分かります。

サンドウェッジの確率の低さ

次にサンドウェッジですが、カラーの、芝がグリーンに比べてふさふさのところを飛び越えて、グリーンに着弾させてから転がして寄せるイメージです。

最初の1球は、どれだけ転がるかわかりませんので、落としどころがだいたいで打ちます。1球目は近くに落ちてあまり転がらなかったため、ショートしました。しかもどショートです。

寄せてやろうとプレッシャーがかかると、ダメですよね~。

2球目は普通に打てたのですが、カップをオーバーしました。

3球目は、なかなかいい感じで寄っていったか、に見えたのですが、二打目に打ったら入りずらいだろうなって思う難しいラインが残りました。

そのあと、打っていって、結果的には、サンドウェッジで打ったら、10球中、5球が1メートルの範囲に寄りました。

このことから、自分の場合、パターの方が圧倒的に寄ると言う結論になりました。

Sponsored Links

距離感が難しいといっても、ウェッジに比べたらはるかに簡単なんです。

なぜこの実験のことを書いたのかと言うと、パターの距離感の難しさは、ウェッジの距離感の難しさに比べれば、簡単で、ウェッジで頑張るよりも、パターで難しい距離感を合わせていく方がはるかに効率が良いのです。

あらためてサンドウェッジとパターの寄せの特徴を比べてみると、サンドウェッジは、ダフリやトップなどを気にしなくてはならず、方向性もパターに比べて悪いです。

サンドウェッジは距離感だけに集中させてくれないのです。そのせいで、いろいろ注意散漫になります。

一方、パターは、カラーにどれだけ勢いを弱められるかわからないってことはありますが、一度でも感覚をつかむと、そのあとは、比較的簡単になります。

シャンクがない!って大きい。

パターは、方向性は狂いづらいし、ダフリやトップに対する警戒心も少なくて済みます。その分距離感に集中することができます。

しかも、ウェッジの場合、シャンクも警戒しなくてはなりませんが、パターにはそれがありません。これは私にとってはかなり大きなメリットです。

ということで、サンドウェッジとパターでは、圧倒的にパターが簡単なので、パターがおススメということになります。

これはあくまで私の場合の話ですが、おそらく多くの方にも当てはまるのではないでしょうか。

パターの距離感の精度をよりよくするには?

そのうえで、パターの距離感を向上させるためにどうするかって話になります。

ズバリ言うと、実戦でパターを使う回数を増やすことですね。

どうやって増やすかって思うかもしれませんが、なるべくパターが使える場所からはパターを使うということです。18ホールあるうち、パターを使ったら寄せられるって場所にボールを置く戦略を重点的にやれば、パターを使う回数は増えます。

仮にパターを使える場所は意外と多いです。『ゴルフ パターだけでショートコースを回ってみてパターの凄さを知る』でも書きましたが、パター1本の方がスコアが良くなることもあります。

パター1本でもショートコースを回れるのですから、パターを使える場所は、かなりあると考えていいと思います。

パターを使う回数が増えれば、それだけで距離感はつかめます。パター1本で回れば、慣れるのもはやくて、距離感はあっという間に染み込んできます。

なので、実戦の中で、はやくパターに慣れるように考えると、戦略の幅も広がっていきますね。パターがどんどん慣れていくにしたがって、後半アプローチが寄りに寄る!そんなゴルフなら、後半戦は楽しいものになりそうです。

次回は、カラー以外にもたくさんある、パターが使える場所について、書いていきたいと思います。

【ゴルフパターアプローチ】パターが使える所はグリーン上だけにあらずに戻る

Sponsored Links