将棋入門!矢倉 攻めの理想形からの攻め 気になる変化



矢倉の攻めの理想形からの攻め、気になる受け

矢倉の攻めの理想形からの攻めですが、ここからの手順で実は、少し気になる変化があって、最初の頃に悩んだことがありました。もしかしたら同じ悩みの方もいらしたらと思って参考になればと記事にさせていただきます。ここからの気になる変化とは・・・

△4五同銀ではなく、△3五銀です。角取りに銀をかわして出る変化が悩みの変化でした。

Sponsored Links

あなたは角を逃げますか?

これ、角逃げますか?

駒得は裏切らないとすれば、ここは角を逃げたくなるところです。

角を逃げるとすれば端しかありません。▲1七角と引きますと、△4四歩と打って、銀の進撃を止めたくなります。先手は▲3六歩と打ちます。▲4四銀と突進しても、駒損してしまいます。銀が交換できれば良いという思いもありますよね。

一応、▲3六歩と打たずに▲4四銀と突進した場合を記すと、

▲4四銀△同銀▲同角△同金▲同飛車△4三銀▲4八飛車△4四歩

で受け切られてしまいます。角銀と金銀の交換になりますが、なんか不満。

なので▲3六歩です。

△4五歩▲3五歩と銀を取りあって、手番が後手になります。ここで後手が△3六銀と打つと、何となく大駒が抑え込まれた感じがします。

▲4五桂と跳ねてみても、△4七歩と飛車先を止められて、桂馬を損してしまいます。

振り返って見ると、角を逃がすという選択が間違えていたことに、どうしても行きついてしまったのです。

 

矢倉の攻めの理想形からの攻め、気になる受け

なので、もう一度角に銀が当たってきた局面に戻ってみます。

角と銀を刺し違える!

ここで角を逃げてはいけません。角で銀を取ります。

▲3五角△同歩▲4四歩と打ちこみます。ここで金を△5三金と逃げるか△3三金と逃げるか。

まず5三金と逃げると、

▲3四銀と進出します。

 

こうなると▲4三歩成り、あるいは受けても4三に銀を打ち込めば4三の地点が受かっていませんので、先手の攻めが決まりました。

3三金右の逃げ

次に、△3三金と逃げたらどうするか?一見▲3四銀と銀を捨てていくのがスマートに見えますが、

▲3四銀△同金▲4三歩成△4五歩となるとどうでしょうか?

この局面を見ると、なかなか複雑に感じませんか?きっちり攻め切った感じがしないと思います。

Sponsored Links

重い攻めが破壊力抜群

でもこれ、▲4三歩成としたところ、重い感じがしますが、▲4三銀と打ちます。

スマートな感じの手には見えませんが、これが正解だと思います。ここから先は、もし相手が飛車取りに角を打ってきたとしても、もう間に合いません。

例えば△5九角と打たれたとしても、手抜きます。

▲3二銀成△同玉▲4三歩成△2二玉▲4二と金

ここで仮に飛車を取られたとしても、詰みます。

▲3一角△3三玉▲4三金(詰み)

あるいは

▲3一角△1二玉▲2二金△1三玉▲3二金△1二玉▲2二角成(詰み)

追伸

いかがでしょうか?矢倉は、攻撃陣の破壊力が強いため、手が付くとあっという間に攻めが決まってしまう変化があります。このケースでは、飛車を取る手が間に合っていません。重い攻めですが、玉の近くで、玉の逃げ道も狭いため、後手玉はひとたまりもありません。

矢倉でライバルをやっつけたいと考えている人に参考となれば幸いです。

矢倉に関連する理想形をまた記事にして御紹介したいと思います。

あなたの将棋ライフが楽しいものでありますように(^◇^)!

 

前の記事:将棋 矢倉の攻めの理想形を築いた後はどうするの?

次の記事:

Sponsored Links