ゴルフパターに飛距離を求めてしまった私の失敗談。



パターに飛距離を求めてしまった私の失敗談。

パターで最大飛距離を知ることが大事であると『パターの最大飛距離を知る方法とは?パターのアプローチを活かす!』で書きました。しかし、これを知る時に、落とし穴があります。

わたしはこの落とし穴に見事にはまりました。情けない (-_-;)

しかし今では、この落とし穴にはまったことが教訓となっています。だから落とし穴にはまってよかったなって今では思っています。

そんな落とし穴にはまった私の失敗談、おききくだされ・・・

Sponsored Links

打ち放し練習場でのパター練習

最大飛距離を探し当てるため、打ち放し場で、パターを打っていたことがあります。

私は他の人に打ち放し場でのパターショットはおすすめしていませんでした。

おススメしなかった理由には、落とし穴にはまる危険性が大だからです。

練習場でパターを打っていると最初のうちは、どのくらい飛ぶのかなって興味津々な気持ちも手伝って、うまくコントロールも効いて『お、いいなぁ。いい感じだな。』なんて思えるんです。

でも、だんだん慣れてくると、もっと飛ばす方法はないかって考えます。

すると周りには、アイアンやドライバーをぶんぶんふりまわしている人がたくさんいます。

悪魔のささやき

もっと飛ばせるはずって思って、飛ばせる方法を試行錯誤していきます。これ本能なんですかね?

『これ、ドライバーと同じように打てば、もっと飛ぶんじゃないか?』

当然のささやきです。私の心の中にもこのささやきがありました。

今思えば落とし穴に誘うささやきでした。

ドライバーのように振りたくなり、実際振りました。ティーアップして、スタンスをワイドに、バックスイングもトップの位置まで上げて。

気分はジョン・デーリーですね。

飛ばそうとする本能が、ドライバーの打ち方を無意識にすすめるんだと思います。持っているクラブがパターであるとしても。

Sponsored Links

L字パターであることが救い

はた目から見て、ティーアップしてパターを振っている姿は、異常かもしれません。

L字パターであることが救いです。遠くから見ればアイアンに見えますから。

こんなことは周りの目を気にしてはできません。一心不乱にドライバーを振り回すのは分かりますが、それがパターです。

大型のマレットパターであれば、きっと先っぽがすっ飛んでいったことでしょう。もしくは練習場の店員に止められます。

もし、私と同じように興味を持って、実験したいという方は、くれぐれも練習場でのマナーやルールを確認してからにしてくださいね。(*^_^*)

パターには普通のスイングは似合わない

散々、パターを振りまわしてドライバーのように打っても、飛びませんでした。たまにボールが良い当たりするのですが、まったく安定せず実戦では使い物になりません。

ティーアップせず、普通のショットと同じように打つと、ダフリやトップがでます。果てはシャンクとまではいきませんが右にすさまじくスライスしていくボールがでていました。

パターも通常のショットのように打つのは、かなりミスが出やすい、そう結論がでました。

けっこう、この時には悩みました。パターのグリップを通常のアイアンのグリップに変えたらどうか、とか、パターの重さが足りないのではないか、鉛でも貼れば、意外と飛距離がでるのではないか、とか・・。

最大飛距離は、コントロール出来る範囲で

そんなアホなことを考えているとき、ふと心に、

『パターに求めていたものは、飛距離だったのだろうか?』

こんな問いが浮かんできました。

自問自答をして、ハッと我に返りました。

そうです、パターは飛距離を求めるクラブではそもそもないんです。

『ふーーーーっ、危なかった。とんでもない方向に突き進むところだった・・・』

これ以来、『最大飛距離は、コントロール出来る範囲で』と考えを改めました。

まとめ

この時もう一つ思ったのは、人はいつの間にか、本当の目的を忘れて、違った方向に進んでしまうのは、きっと欲が原因なんだと知りました。

目的を見失いそうなとき、立ち止まって自分を支配している”欲”をあぶりだし、それについて考えてみることで、再び本当に目指した目的に出会うことができる、そんな気がします。

打ち放し練習場で、パターを打ってみることを私はおすすめしませんでした。でも、落とし穴にはまらなければ、試す価値は大いにあると思います。

もしやってみたい方がいれば、パターで飛距離を求め始めたなって思ったときに、もう一度、本来の目的を思い出すことをお勧めします。

長らくお読みいただきありがとうございました。

あなたのゴルフライフが楽しく実りあるものでありますように!(*^_^*)!

 

【パット打ち方まとめ】にもどる

Sponsored Links