【ゴルフL字パターの魅力まとめ】一生もののパターを見つける



単に鉄を曲げただけのクラシックなL字パターの魅力

L字パターと言っても、マレット型のL字パターと単に鉄を曲げただけのようなL字パターと大きく二種類に分かれています。私が伝えたいL字パターの魅力は、単に鉄を曲げたほうのL字パターのことです。

”シンプルイズベスト”とは良く言ったもので、単純であればあるほど、飽きません。不思議です。私はゴルフを始めて間もない時から、たった一本のL字パターを大事にしています。そのL字パターとの出会いについて書きました。

l字パター 名器 ウイルソン8802との出会い 諦めないで探し続けたベンクレンショーの名器

 

Sponsored Links

L字パターの魅力は、パター自身が教えてくれる

パターはボールを、転がしてカップに入れるだけ。そう思っている方は多いと思います。しかし、本当にそれだけなのかって言えば、それだけではありません。

クラシックなL字パターが、パットのおもしろさを教えてくれました。どうやって教えてくれたのか、その辺を書いています。

ウィルソン パター 名器 ウィルソン8802から教えられたこと 名器の名器たる所以

このクラシックなL字パターを手にして変わったことは、パターを練習するようになったことです。おそらくこれが最も大きな成果かもしれません。その辺のことを書いています。

恋い焦がれたウィルソン8802パター。芯が狭くてL字パターは難しいと言われますが。

ウィルソン8802、L字パターの魅力を新品で味わいたい!

新品のクラシックなL字パターを探している人もいるかと思います。私は8802が好きなので、ずっと古い中古のものを使っています。この使い古された風合いが好きでもあります。

しかし、この8802パターは根強い人気があるんですね。復刻版ということで新品となって8802が蘇りました。初めて新しいバージョンを見た時は心が動きました。

新品が欲しいひとで、8802ファンにはおススメの逸品です。

新品のL字パターを打つならこれ。伝説のL字が蘇る。新ウィルソン8802パターの登場。

 

Sponsored Links

その他の新品パターで印象に残るL字パター

私のように古いパターが好きって方は良いのです。しかし、車を買う人でも、新車が欲しいと思う人が多いように、L字パターも新品が良いって人も多いと思います。

惜しむらくは、クラシックなL字パターは、プロでも使用率が低いため、市場が狭いという難点があります。そのため、メーカーでも新品のL字パターをプロデュースするというのは二の足を踏むと思います。

マレットタイプのL字パターは石川遼プロはじめたくさんのプロが、使っていますが、鉄を、曲げただけ、みたいなシンプルでクラシックなL字パターは、見かけません。

昔L字パターが多かった理由は、時の花形プロが使っていたことが大きいです。ジャックニクラウスやベンクレンショー、日本ではジャンボ尾崎選手。

そういう状況だからこそ逆に、新品のクラシックなL字パターをプロデュースしているのは、職人魂に満ち溢れた方が多いように思います。

良いものを末永く使うという視点で考えると、この気骨があって魂を込められたL字パターを持つだけで一つの喜びになりそうです。そんな印象に残ったパターを紹介した記事です。

刀鍛冶の技法で作られた名刀のようなパターです。

ゴルフ雑誌チョイスに掲載された、シンプルで美しいパターに魅かれる

日本ではあまり見ませんが、高等技術が駆使された目を引く特徴的なパターです。

アメリカ発クロノスゴルフ。特徴的なデザインが魅力のL字パター!

Sponsored Links