【ゴルフパターアプローチ】パターが使える所はグリーン上だけにあらず



パターアプローチで寄せワン

アプローチが苦手という人は多いと思います。私もウェッジのアプローチはとても緊張します。打振ったりトップしたりシャンクしたり・・・。

せっかくグリーンのそばまで来たのに、まったく違う方向に飛んでいってしまったらかなりショックです。もしチャンスに付けていたら、そのラウンドでは再起不能になってしまうくらいのショックです。

安全確実でしかも寄せワンも狙える必殺のアプローチは何か?そう考えたときに書いた記事です。

アプローチはウェッジではなくパターを使って寄せワンを狙え!

Sponsored Links

パターアプローチが効果的な状況とは

パターでアプローチするといっても、どんなところからでもパターというのは、けっこうきついと思います。やっぱり効果的な状況から順番に使っていくのが良いのではないでしょうか?

実戦のラウンドで、どんな場所からならパターで寄りやすいか、ベスト3を挙げてみました。

初心者おすすめ!アプローチでパターが効果的な状況ベスト3とは?

とにかくパターでアプローチするときの一番のメリットは、トップやダフリ、何よりもシャンクを心配しなくて良いというのはかなり大きいです。

こういうミスはアプローチイップスになる一番の理由でもあります。打つ前にこういうミスが頭をよぎるとアプローチするのが怖くなります。特にカラーからウェッジをつかってこういうミスがでたらそのショックは計り知れません。

ならば、ウェッジなど使わずに、もっと確率の高いパターでアプローチする方が良いと思いませんか?カラーからのパターアプローチについて掘り下げて書いています。

カラーからパターを使って寄せるのが確率の高いアプローチ。

パターアプローチの距離感

パターアプローチの一番のネックは、距離感だと思います。例えばカラーからアプローチする場合、パターでどのくらい手前の芝にくわれるのかわかりません。強く打ちすぎればオーバー、弱く打ちすぎるとショートです。

でもウェッジで打つのと比べたらどうでしょうか?パターを握った時点で、すでにあなたのアプローチの結果に対する期待感は、相当高まっているのではないでしょうか?

欲張りすぎると、逆にそれがプレッシャーになってミスにつながります。冷静に考えれば、ウェッジよりもはるかに簡単だと思いませんか?そのあたりのことを書いています。

パターとウェッジ、距離感はどちらが難しい?比較してみた!

Sponsored Links

タイガーのウェッジを使ったパター式アプローチ

パターアプローチとは若干変わっていますが、ウェッジをパターのように打つアプローチです。これもパターアプローチの同じような性格を持っています。パターのようにウェッジ持って、パターと同じように打つと優しく打てるってところがみそです。

タイガーウッズがあまりにも簡単そうに寄せていたので、ものすごく印象に残っています。パターのグリップで、ウェッジを使って打つショットです。本とかではよく見るのですが、実際にテレビで見たのはこれが初めてでした。

これ、実戦で決まったらかっこいいですね。

パッティンググリップの花道からの転がしが効果的

Sponsored Links