【パット打ち方まとめ】右手のパンチと距離感のブレ対策



パットの打ち方に悩む原因は右手

パターを何度も練習する中で、どうしてミスしてしまうのか、その原因が特定することができます。毎日練習を継続することで、自分のどうしようもない癖とかが浮き彫りになります。

練習って尊いですね。私も発見しました。

ゴルフ 上りの1メートル自宅のパター練習が教えるミスの原因とは?

どうして右手のパンチが入るようになってしまったのか、それを分析すると、おそらくパターをアイアンみたいに考えていることがその大きな原因ではないかって思えてきました。私はパターでこんなことをしてましたって話です。

ゴルフパターに飛距離を求めてしまった私の失敗談。

Sponsored Links

パットの打ち方の極意は”打たなきゃ入らない”?

”パットは打たなきゃ入らない”。そう教えてくれる人がいます。私は、この”打つ”ということを意識しすぎたせいか、ここぞというパットの時、右手のパンチが強烈に入って、距離感を大きくはずしてしまいます。どうしたらこのパンチを防ぐことができるのか、それについて原点から考え直してみようと思い書きました。パンチが入るミスパットに悩んでいる人の参考になればと思います。

『タップ式』か『ストローク式』かパットの打ち方を決める

ベンクレンショーのパットの打ち方

クラシックなL字パターを打ちたいと思う人はぜひベンクレンショーのパットを参考にしてほしいと思います。L字パターの神様です。記事の中にはベンクレンショーのパットをいろいろなアングルで撮影した貴重な動画リンクを載せてあります。この動画、もっと早くに見たかった~(-_-;)。

ベンクレンショーのパットの打ち方とは?この動画を見たら今すぐパットが練習したくなる!

Sponsored Links

ベルンハルトランガー選手のパットの打ち方

右手のパンチが入るのを何とかできないか、これを解決するためにパターをあれこれ試行錯誤しました。その中で試して非常に効果があったのは、握り方をクロスハンドに変えたことです。クロスハンドと言っても、ただのクロスハンドではないです。そのあたりのことを書いています。

ゴルフ パットで右手が大暴れ!このグリップなら右手が黙る!

ベンホーガンのパットの打ち方

右手のパンチが入って困るのは、距離感が大きくずれてしまうことです。その距離感のずれは右手のパンチだけではないのかなって思います。

私は、困ったときにはベン・ホーガンに戻ります。ベン・ホーガンのパッティングについてはあまり語られていませんが、ベン・ホーガンは距離感をつかむためにどのようにしていたのか、そのあたりのことを書いています。

ルール改正により、グリーン上で旗竿を立てておいても良いというように変わりました。旗竿を立てるか、立てないかでは選手によって違いがあるようです。

もしベンホーガンが今プレーしていればどうしたでしょう?

パットの打ち方。ベン・ホーガンがパッティングで工夫したこととは?

全英女子オープン優勝したシブコのパットの打ち方

グリーン上でピンを抜いてパットを打つか、そのままにして打つか?これはかなり重要な問題だと思います。的ができるからとピンを立てて打つのが果たしていいことなのか?全英女子オープンで快挙を成し遂げた渋野日向子選手のパッティングを見て思うことを書いています。

ゴルフでパットの上達を考える。どうしてピンを抜いても入るのか?

Sponsored Links