【ドライバー平均飛距離まとめ】2番ウッドはドライバーにもフェアウェーウッドにもなる



アイアンとドライバーのスイングを揃えて平均飛距離アップ

アイアンとドライバーって全く形が違いますよね。アイアンもドライバーも同じようにスイングしたいと思ったら、少しでも揃えたいって思いませんか?そんな方には小ぶりなドライバーがおすすめです。

アイアンと同じようにスイングしたいなら小ぶりなドライバーをおすすめ

Sponsored Links

ドライバーの代わりに2番ウッドを活用して平均飛距離アップ

2番ウッドはブラッシーと呼ばれます。最近になって流行りだした感じがします。ゴルフクラブのセットの中に入れるのは、ドライバーの次は3番ウッドにしている人がほとんどでした。どうして2番ウッドってないんだろう、って思いませんでしたか?新兵器を試してみるのも面白いですよ。

フェアウェーウッド、ブラッシーを知ることでゴルフの幅を広げる!

ドライバーとフェアウェーウッドを揃えて平均飛距離アップ

子供の頃に流行ったプロゴルファー猿という漫画がありました。私は大好きでよく見ていました。その時主人公の猿は、お手製のドライバーを一本作り、それ一本ですべてをこなしました。グリーン上のパターもドライバーで。ここから学ぶことがあると思います。まずはドライバーとフェアウェーウッドを統一してみませんか?

ブラッシー バルドはティーショットも、フェアウェーからも打てる優れたクラブ

2番ウッドをドライバーの代わりに使うという手もあります。こうすれば、ドライバーよりも確実にフェアウェーを捉えることができます。最大飛距離は失っても平均飛距離を得る。これぞ虚を捨て実を取るではないでしょうか?

ドライバーの飛距離アップのためのブラッシーの使い方

Sponsored Links

ドライバーショットのメンタルを整えて平均飛距離アップ

本コースとショートコースの大きな違いは、ドライバーを打つか打たないかってことに尽きると思います。初めて本コースに出たときに、最も違うなって思うのは、ドライバーのティーショットの時だと思います。その緊張感たるや半端ありません。

ドライバーを打つのが怖い理由は多くのギャラリーがいるから。

ドライバーはティーショットで使うことがほぼすべてだと思います。たまに直ドラとかやる人もいるでしょうが、ティーショットがほとんどだと思います。ドライバーによるミスは、どうして起こるのか?道具の問題というよりも、ティーショットの環境にある気がします。その対策について書いています。

ゴルフのドライバーショットでたくさんの衆目を克服するために。

やっぱりドライバーは平均飛距離ではなく最大飛距離がほしい!

ドライバーに最大飛距離を求める人もいます。どんどん年をとるにつれて、ドライバーの飛距離が欲しくなります。昔はあんなに飛んだのにって。ゴルフの楽しみ方はたくさんあります。本来飛ばしたいって欲求を満たすのも楽しみ方の一つです。特に公式の競技に出る予定がないのであれば、高反発ドライバーという選択肢もありますよね。

ゴルフドライバーの飛距離アップの救世主。あのハヤブサが安くなってる。

Sponsored Links