【ゴルフ100切り戦略まとめ】私はこうして100を切りました!



パットはショットと別ゲームと割り切る100切り戦略

何が原因で100を切れないのか?そう悩んでいる人は、まず自分のスコア内容を分析する必要があります。まずは、ショットとパットを別で考えましょう。そうすると、自分の弱点がはっきりと浮き出てきます。そのあたりのことを書いています。

ゴルフ100を切るために意識したこと。パターのゲームとショットのゲームに分けて考える!

Sponsored Links

パターとショットを分けて考える100切り戦略

100を切れない悩みを持っている人の中に、パターでつらい思いをしているという人が何人も私の周りにいますし、私自身最も苦労しました。ドライバーのOBは、ローカルルールで前進4打とか、救済措置があります。

しかしグリーン上では救済措置はありません。ワングリップの距離でOKとかはあるとおもいますが、50㎝以上離れるとさすがにOKは出ないのではないでしょうか。パターを2打で上がるということについて書いています。

ゴルフ 100切り パターは1ホール2打が鉄則。登りの50センチを残して決める!

パットのマイルールづくりで100切り戦略

どんなに距離が離れていてもファーストパットを登り50㎝が打てる場所に打つことは、至難の業です。これはパターで苦しんだ人には身に染みていることだと思います。そこで、その時の技術に応じて自分なりのルール作りをすることをおススメします。そのあたりのことを書いています。

100を切るためにしたこと パター36打は難しすぎる なのでルールをいじる?

Sponsored Links

ショットの100切り戦略

パターの戦略と分けたショットの戦略では、120ヤードという距離に注目しました。私が120ヤードを打つクラブは8番アイアンです。この8番アイアンの技術を磨いていけば、100を切るのに必要なショットの柱を作ることができると思っています。

120ヤードを打てるクラブは8番アイアン。8番アイアンを徹底的に練習し磨くのじゃ!

ラウンドシミュレーションで100切り戦略を練る

コースレイアウトを前もって勉強しておくことがおもしろいという話です。ゴルフラウンドの予定ができたら、そのゴルフ場のホールごとのヤード表を見て、予習しておくとよいことばかりです。

このホールではここに刻んでここの場所から〇〇アイアンでグリーンを狙う、みたいに実際にラウンドしているかのようにイメージしていくことが、当日のゴルフに大いに役立つと思うのです。

また、当日までの練習メニューも決まります。そんな話を書いています。

ゴルフスコアの目標設定。コースレイアウトを予習して100切り。

Sponsored Links








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください