【ゴルフキャメロンピンパターの教え】L字パターに比べてピンパターのよい点



キャメロンピンパターとの出会い

スコッティキャメロンのピンパターと出会った時の話です。どうしてウィルソン8802のクラシックなL字が大好きの私が、まったく形状の異なるピン型のパターを買ってしまったのか?そのなれそめについて書いています。

強いタイガーウッズを支えたパターはスコッティキャメロンのピン型!

Sponsored Links

ゴルフ キャメロンピンパターを買った後

私がピン型パターを衝動買いしてしまいました。まさか自分がピン型パターを買おうとは思いもよらず。買った直後は自分を責めて後悔しました。どうして買ってしまったのかと。本当に返品しようかとも思いました。私には8802があるではないかと。そんな時前を向かせてくれた話です。

人生には三つの坂がある。決断を後悔しない。これも転機の一つなり。

ゴルフ キャメロンピンパターから学んだこと

L字パターを一時休養させて、スコッティキャメロンを使うことにした記事です。タイミングよく、8802で行き詰まりを感じていた時でもありました。その悩みを解決するために、一度L字パターを離れてみる必要があると思ったんです。気分転換という意味もありますが、L字パターとは違った良さを知ることで、何か得るものがあるのではないかとおもったからです。

エースパターを変えた理由 スコッティキャメロンのピン型パターへ 

Sponsored Links

ゴルフ キャメロンピンパターと相性の良いボール

キャメロンのピンパターを使用しながら一番目に見えて変化したことがあります。それは使うボールの選び方です。ふつうは飛距離かスピンでボールを選ぶと思いますが、なにより最初に考えるべきはパターとボールの相性なのではないかってことでした。スコッティキャメロンに合うボールをいろいろと試してみて、これかなってボールを探し当てました。

パターとボールの相性。スリーパット撲滅のために。

ゴルフ キャメロンピンパターのウェイト調節

キャメロンから学ぶことは多いです。L字パターが職人的なマニュアルパターだとすれば、キャメロンは、マニュアル部分を適度に残したシステマティックなパターです。一番特徴的なのはウェイト調節です。ウェイト調節をすることで、ボールの打感が変わります。そしてなによりその重さが適したグリーンが変わります。

スコッティキャメロンの重りを交換したら別物のパター!

Sponsored Links








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください