攻めの石田流に対抗して四筋位取り。玉頭に据えた香車の迫力!



名人の棋譜を並べる

大山康晴十五世名人は言わずと知れた受けの名人ですが、その受けとはいったいどんなものだったのか、生で見て知る人は少ないのではないかと思います。昔の棋譜を並べる中でそのすごさを味わいたいと思う方は多いのではないでしょうか?

私もその一人です。私はプロではなく一人の将棋愛好家ですから、何をおかしなことを書いてるのって思われるかもしれませんがそこはご容赦願います(笑。アマチュアでは初段から二段の方にとって参考になるのではないかと思います。

拙い棋力と偏見で棋譜を好き勝手に並べていますが、よろしければお付き合いくださいませ。

Sponsored Links

後手大山名人の四筋位取り

受けの勉強をする上で、大山先生の棋譜は外せません。大山先生が、振り飛車党なのは有名ですが、相手が振り飛車できた時、どうやって対応するかは、あまり知られていません。

先手桐山清澄先生対後手大山康晴十五世名人の棋譜です。

序盤早々、初っ端から穴熊に囲う気はありません。一体こっからどう玉を囲うの?って感じの出だしです。

守りきって勝つ。受けの技術を磨くために。位を取って持久戦、の研究。

先手、攻めの石田流

攻める振り飛車と言えば、石田流ですよね。アマチュアでは大人気の戦法です。この石田流と美濃囲いの組み合わせは、振り飛車の王道と言えると思います。

石田流に対して玉を堅く囲うというのがオーソドックスな作戦ですが、大山流は、位を取って要衝占拠の構えです。

攻めに強い石田流を相手にどう戦う?位をとって戦う戦略

Sponsored Links

先端を開く後手

先手にきっちりと攻めの理想形石田本組に組まれると、何も手が出せなくなるのではって思います。特に位取りの将棋は、位を取ったはいいけれど、いったいどうやって位を活かせばいいのかってところが難しいです。

振り飛車に対して位取りを使って勝つためのコツとは?

 強引に戦いに持ち込む後手

角交換が行われて乱れた後手陣に対して、先手がどうやって攻め込むか?そして後手がそれをどうしのぐか?そんな戦いになっています。後手が自ら陣形を崩してまで戦いに持ち込みました。

強引に戦いに持ち込んだ後手の方が受ける展開というのも不思議な気がします。

勝負のコツは、相手の意表を突く手を指すこと。動揺すると間違える。

受けの極意とは?

受けの極意とはもしかしたら、何もしないことではないのか?そう思わせる局面の進行です。

泥酔した人は、力がぬけているから重くて運べないって言われます。なんかそんなイメージにつながる受けの気分です。

将棋の受けを鍛える。何もしないことが受けにつながる?

玉頭に据えた香車の迫力

美濃囲い対矢倉の戦いと言った様相です。後手の矢倉玉に先手の角が睨みを効かせ、龍も後手陣に侵入しているところでは、先手の石田流にとっては理想の展開だと思われましたが、玉頭に香車を据えたところでは何となく後手の方が囲いに勢いがある感じがします。

受けの勝負手、自陣龍!専守防衛策は果たして成功するか?

 

攻めと受けのバランス感覚

後手の細かな攻めが効いて、先手は敵陣に侵入していた龍を自陣に引き戻して徹底防戦を図ります。龍も角も最高に働いていたと思われた局面から一転?

偏るとダメ。攻めと受けのバランスをとる勝負の駆け引きが面白い。

 

迫力の玉頭戦。香車が大活躍

玉頭に据えた香車が威力を発揮し始めます。美濃囲いの弱点はこびんです。このこびんを桂馬で攻められると弱いです。桂馬や香車は受けには適さない駒ですが、攻めには無類の強さを発揮する典型的な局面です。

王手は先手になる道理。受けから攻めに転じるには王手をしよう!

苛烈な攻めから一転。鉄壁の陣形を再構築

先ほどまで攻めていたと思ったら、相手の玉が不安定な状況においておきつつ、自分は矢倉玉を再構築。しかも、再構築にもほどがあるってくらいに金を貼り付けます。こうなると、攻める気がなくなります。まさしく心を折る受けです。

孫子の教え。敵に勢いを利用した攻めをさせない受けの技術はすばらしい

 

Sponsored Links