パターのボール位置を効き目の真下に置いてみた。効き目を知るのが何より大事?



パターを打つときのボール位置

パターを打つとき、ボール位置をどうするか?悩んだことはありませんか?

今、あらためてわたしのなかでのホットな問いが、これです。

毎回同じようにパットを打ちたいと思うからこそ、ボールの位置はいつも同じである必要があると思います。

しかしどこに置くのがベストなのか?

このボール位置についてはいろいろなことが言われます。一番のセオリーは、ボールは目線の真下に置くことだと思います。

どうして目の真下がいいのか、理由があります。
Sponsored Links

どうして目の下に置くべきなのか?

ボールとカップを結んだ線が飛球線です。まっすぐのラインであれば、この飛球線のとおりにボールは転がります。

右利きの人の場合、カップに対して、左耳が向きますから、左耳と右耳の間の線、つまり目線が飛球線と平行になるのが、感覚的にも正しいと思えると思います。

また、飛球線と平行にそろえた目線の真下にボールがあればより合理的ですよね。頭を動かさず、目だけを右から左に動かすそのラインが飛球線に沿っていれば、ボールが自然と飛球線に沿って打ちだされるという寸法です。

飛球線上のボールの位置は右よりか左よりか?

さて、そこまでは良いとしてこの次の段階です。飛球線の上にボールを置いて構えるとして、ボールは、右目の真下か左目の真下、どちらが良いと思いますか?

私はこれまでずっと左目の真下に置くべきだと思っていました。

理由は、ボールをアッパー起動で打ちたいからです。

この場合、右打ちの人のとき、左目の真下にボールがある方が、パターが、上昇する起動上で打つことが可能だからです。

しかしここで一つ問題があります。人には利き腕や利き足があるように、目にも効き目というのがあるのです。この効き目、狙いをつける行為をするときは、特に重要になります。

よくライフルを構えて狙いをつけているスナイパーの映画なんかを見ると、片目をつぶって狙いをつけていますよね。
Sponsored Links

効き目の確認法

パットもカップインを狙うということなので、なによりもまず、効き目を知ることが大事だということに気づきます。

そのやり方をご説明します。

自分で、親指と人差し指で輪っかを作ります。その輪っかから、先の景色を見てみてください。

その時、友達がいれば、その輪っかから自分のどちらの目が見えるか聞いて見てください。どちらかの目がその輪っかの中に見えるはずです。その目があなたの効き目です。

一人でやるなら鏡でも大丈夫です。

目の錯覚

先ほどのパットのボール位置の話に戻しますと、左目の真下に置く場合、左目が効き目であれば何の問題もありません。しかし右目が効き目の場合不都合なことが起こります。人口の約7割が右目が効き目であると言われるくらいなので不都合に感じる人は意外と多いことに気づきます。

その不都合とは、右目が効き目の人の場合、左目の真下にボールを置くと、目の錯覚を起こしやすいということです。

これは構えたときに、片目を交互につぶってみるとよくわかります。見え方が変わりますよね。

では右目が効き目の人は、右目の真下にボールを置けば良いのでしょうか?

 

パターを打つならダウンブロー?

右目の真下にボールを置いた場合のデメリットってどんなことがあるのでしょうか?少なくともアッパーブローには打てなくなりますね。

アッパーブローに打てないこともないかもしれませんが、かなりいびつな感じがします。アッパーブローで打ちにくいということは、裏を返すと、ダウンブローには打ちやすいのかなって思います。

ダウンブローに打つとなると、ストローク式ではなく、タップ打ちの部類に入ります。何度か打ってみましたが、打感は良い感じがします。しかも、ボールが長くフェースにくっついている感じが少しします。

しかし、正確に打つには慣れが必要な気がします。特に、右へ打ちだしやすい感じがしました。でもこれをそうすまいとすれば、その反動できっとひっかけてしまうのかなって思います。

少し実験してみて結果を後で報告します。(*^_^*)

Sponsored Links