天才藤井聡太の居飛車穴熊!振り飛車破りの棋譜を並べてみた!



先手三間飛車に対して居飛車穴熊

先手三間飛車に対して急戦は通用しないというのはよく言われることです。先手三間飛車が急戦で狙われる角頭に備えてすでに飛車を振っているという点が大きいと言われます。

居飛車は、先手の三間飛車に対して、持久戦がセオリーです。その持久戦の王様級の戦法が穴熊です。

藤井聡太五段の将棋には、振り飛車対策の戦法としては急戦が多いと思います。しかし、居飛車穴熊を藤井五段が指したらどんな感じなんだろうか?というのはファンであればだれでも思うと思います。私は特に三間飛車を相手に穴熊に組んだらどんな戦いになるのかなって言うところに興味があります。

相手は誰でもいいというわけではありません。やはり三間飛車と言えば、私の中のスペシャリストは中田功七段です。中田七段の三間飛車は本当に美しいと思います。そのさばきがとても芸術的です。

なので、藤井聡太五段と中田功七段の対局を並べてみました。

藤井聡太五段、三間飛車退治。攻めの手番を渡さない勝負術。前編

藤井聡太五段、三間飛車退治。攻めの手番を渡さない勝負術。中編

藤井聡太五段、三間飛車退治。攻めの手番を渡さない勝負術。後編

藤井聡太五段、三間飛車退治。攻めの手番を渡さない勝負術。後編 続き

藤井聡太五段、三間飛車退治。攻めの手番を渡さない勝負術。感想編

藤井聡太五段、三間飛車退治。攻めの手番を渡さない勝負術。感想編続き

 
Sponsored Links

後手四間飛車に対して先手居飛車穴熊

藤井聡太六段にとって師匠に対する恩返しにあたる対局です。”ここまで強くしてくれてありがとう。”

その思いを師匠に伝えるには、言葉ではなく対局で師匠に勝つこと。

何とも分かりやすく、過酷なハードルであると思います。藤井聡太六段は天才です。その天才の師匠という運命を背負った師匠である杉本昌隆七段の気持ちやいかばかりか。

この将棋は、実は二局目です。一局目は、千日でした。千日手になった棋譜は一体どんなだったのか、興味があったので記事にしました。一局目の千日手局を見ていて、確かに伝わったことは、どちらもこの対局は負けたくないっていう気持ちが強いんだなってことでした。

さて、二局目に先手になったのは藤井聡太七段です。確実に勝つために、先手番を選んだともいえると思いますが、採用した戦型が居飛車穴熊です。穴熊は対振り飛車の勝率がめちゃくちゃ高い戦法です。しかし、杉本昌隆杉本七段は生粋の四間飛車の専門家です。その分、相手が採用する居飛車穴熊に対してはその経験値はとてつもありません。

そんな激闘の棋譜を並べてみました。

藤井聡太六段 対 杉本昌隆七段。なるか師匠への恩返し。迎え撃つは伝家の宝刀四間飛車。小林九段の思いも重なる戦法。

藤井聡太六段 対 杉本昌隆七段。なるか師匠への恩返し。迎え撃つは伝家の宝刀四間飛車。小林九段の思いも重なる戦法。其の弐

藤井聡太六段 対 杉本昌隆七段。なるか師匠への恩返し。迎え撃つは伝家の宝刀四間飛車。小林九段の思いも重なる戦法。其の参

藤井聡太六段 対 杉本昌隆七段。なるか師匠への恩返し。迎え撃つは伝家の宝刀四間飛車。小林九段の思いも重なる戦法。其の四

藤井聡太六段 対 杉本昌隆七段。なるか師匠への恩返し。迎え撃つは伝家の宝刀四間飛車。小林九段の思いも重なる戦法。其の五

藤井聡太六段 対 杉本昌隆七段。なるか師匠への恩返し。迎え撃つは伝家の宝刀四間飛車。小林九段の思いも重なる戦法。完結

コラム~千日手局~

藤井六段vs杉本七段師弟対決実現も一局目は千日手。千日手はどんなふうになったのか。また、どんな対局内容だったのか。前編

藤井六段vs杉本七段師弟対決実現も一局目は千日手。千日手はどんなふうになったのか。また、どんな対局内容だったのか。後編

 

Sponsored Links