雪対策タイヤチェーン雪道楽はコスパ良し。スタッドレスタイヤよりも安い!ゴルフ資金を貯める節約術。



スタッドレスタイヤかタイヤチェーンか?

2018年1月22日から23日にかけて関東地方は雪が降りました。突然の雪でした。

スタッドレスタイヤにするか、タイヤチェーンを巻いて対応するか。これについてずっと悩んでいました。

重視するべきは、雪の道路で滑らない安全性と、コスパです。

なんでそんなに悩んでいたのか?それはゴルフ資金を貯めるために何か節約できないかって考えていたからです。ゴルフをやりたいから節約する!なんか本末転倒な感じもしますが(笑。

Sponsored Links

スタッドレスタイヤは高い!

私の車はプリウスです。タイヤのサイズは、185/65R15です。タイヤを見ると書いてあります。

このサイズでスタッドレスタイヤをホイール付きで探すと、4本セットでだいたい4万円を超えてしまいます。

高いッ。

しかもスタッドレスタイヤの寿命は平均して3年と言われています。

高いッッ!

タイヤ交換をお店に頼むとお金かかります。

(長い目で見ると)高いッ!

関東ではだいたい雪が12月くらいから降ることがあります。3月くらいまでは降る年もあると思います。なので、ノーマルタイヤからスタッドレスタイヤに11月下旬に履き替えて、3月中旬ごろに再度ノーマルタイヤに履き替えて、これを毎年繰り返すことになります。

ホイールが付いていないと、お店とかに頼まないと難しいですが、ホイール付きであれば、自分でも交換できます。しかし面倒です。好きならいいと思いますが自分にはとてもとても無理ッす。

タイヤチェーンは意外と良い。その名も『雪道楽』

偶然ネットを調べていると、こんな商品が目につきます。

タイヤチェーンです。

タイヤに鎖を巻くのは昔からある伝統の雪対策です。

スタッドレスタイヤかタイヤチェーンか、自分は悩んだ末にタイヤチェーンにしました。これまでスタッドレスタイヤを履いていたのですが、どうも、スタッドレスタイヤではなくチェーンを巻いたほうがよいのでは?という衝動にかられました。

Sponsored Links

私が購入したタイヤチェーン

タイヤチェーンには、チェーンの素材がプラスチック製と金属性とがあるようです。自分は頑丈そうな金属製を選びました。

値段も金属製の方が比較すると安いのです。このへんは好みとか使える予算とか人によって違うので、いろいろ調べるといいと思います。自分は、とにかく安くというのをモットーに選びました。それがこちらです。

 

FEC 雪道楽QII ワンタッチ金属タイヤチェーン 【YQ208】適合サイズ:175R14,175/80R14,185/70R14,195/65R14,185/65R15,205/60R14,195/60R15,195/55R15,205/50R15,195/50R16(夏),215/45R16

価格:9,500円
(2018/1/23 20:05時点)
感想(2件)

アマゾンならこちらです。

この商品は、赤いボックスの中に入っていて、中にチェーンが2本入っています。

えッ4本じゃないの?って思うと思いますが、回る方のタイヤである駆動輪だけ巻けばいいみたいです。私の場合は前輪ですね。

 

タイヤチェーンを実際に使ってみた!

ついに使う時が来ました。それが2018年1月22日(月)の夕方から夜になりかけの暗い時間帯のことでした。

雪がしんしんと降り、どんどん積もっていくのに気づいて、車に積んでおいた『雪道楽』を初めて使いました。

ケースを開けると親切に説明書が付いています。ケースの外側にも装着方法の画像が掲載されています。

辺りが暗いため、、車内で明かりをつけて説明書をまず読みました。説明書の内容を頭に入れて試行錯誤しながら装着していきました。

手がかじかみながらも、タイヤのところをスマホで照らしながら格闘しました。それでも2つのタイヤを30分くらいで巻くことができました。慣れたらもっと早く15分くらいで行けると思います。

とにかく夜だったので、暗くて視界が悪くて、雪がふり続けていたので、雪をかきわける時に手が冷たかったです。一応軍手がセットで付いていたのですが、濡れて冷たかったです。

やっぱり装着するには要領を知っているのと知らないのとではかなり違いますので、天気のいい日に一度練習して装着してみるといいと思います。自分みたいにぶっつけ本番はやめておいた方がよいと思います(あたりまえじゃー。がははは。)

装着して気づいた雪道楽の良さ

この商品の良さは、ジャッキアップが必要ないということでした。パンクした時にジャッキアップしてタイヤを取り外しますよね。ジャッキアップの必要がなく、タイヤが地面に着いたままの状態で取付することができるということです。

付ける前は、どうやってジャッキアップしないで付けるのかなって思っていましたが、うまくできていて、地面との設置部分をうまく避けるように巻けるんです。優れものです!

実際に装着した写真がこちらです。次の日の朝に撮影しました。

前輪に巻いた写真です。初めてでしたが、けっこう簡単に巻くことができました。

 

走行時の注意点

タイヤチェーンを取りつけた後走行する場合、時速50キロメートル以下で走るように注意がありました。自分は、途中でチェーンが切れたらどうしようって思ったので時速40キロメートル以下でびびりながら走行しました。

途中で切れたりして、もう一度作業をするのは避けたいと思いました。

走行距離は15キロくらいあったのですが、無事目的地に辿りつくことができました。

チェーンは雪のないところとかコンクリートの上だと破損しやすいと言われたので、雪が解けて通常の状態に戻ったらすぐに外しました。外す時はつけるとき以上に簡単でした。

タイヤチェーン使用の感想まとめ

今回試してみて分かったことは、雪が降ってからタイヤチェーンを装着しても十分間にあうということでした。

走った感想としては、結構急な坂道も登ってくれました。また、翌日の雪道や凍った道なども安定して走ることができました。

ただ一つ、人によっては気になると思いますので話しておきますと、音がうるさいと思います。自分は別に気にしないのですが、鎖を巻いたタイヤで走るので、ガタゴトガタゴトします。

まぁ関東地方で雪が降ること自体が稀ですので、1年の内のほんの数日を使用するためのものと割り切ってしまえば、たいしたことではないですね。

春頃にスタッドレスタイヤからノーマルタイヤに戻すことを気にする必要が無いのも大きいメリットです。スタッドレスタイヤを交換し忘れて溝を減らしてしまったと後悔することもないからです。

スタッドレスタイヤを購入するのはお金もかかることですし、一度チェーンを試されてからでも遅くないのではないかと思います。

自分は、万一チェーンが破損した時の予備にもなることも考えて、もう一個買っておいても悪くないかなって思っています。

以上、ゴルフ節約術雪対策編でした。チャオ

【ゴルフ節約まとめ】にもどる

Sponsored Links