将棋は受け?『受けてつぶせ』に心を奪われました!



『盤上のアルファ』という将棋ドラマ番組

『盤上のアルファ~約束の将棋~』というドラマがNHKで平成31年2月3日から放送されました。2月10日は二回目の放送ですが、私はこの2回目の放送を見てぐっと引きこまれました。

将棋を扱うドラマは、今までも結構あった気がします。しかし、ここまでグッとひき込まれたことはなかった気がします。なぜこんなに引き込まれたのかというと、このドラマに出てきた真剣師があまりにもかっこよかったからです。

この真剣師を演じたのは石橋蓮司さんです。石橋さんは皆さんご存じの強面の俳優さんです。主人公の役ではないのですが、主役を喰うくらいの存在感を発揮していました。
Sponsored Links

『盤上のアルファ』ドラマのあらすじ

この将棋、あらすじは、上地雄輔さん演じる真田は、26歳で年齢制限のため、奨励会を退会し、将棋のプロ棋士になる夢を断たれました。

しかし、奨励会3段リーグへの編入試験を受けることができることになり、この試験合格すれば、プロ棋士の夢がまた見えてきます。

8戦して6勝することが条件の中、上地雄輔演じる真田は必死に将棋の腕を磨きます。その時稽古をつけてくれたのが真剣師の林です。

この時の林の言葉が、強烈に自分の心をわしづかみしたのです。その言葉が『受けてつぶせ』です。

受けつぶせ!盤上のアルファ石橋蓮司演じる真剣師林に大山名人を見た!

 

受けてつぶせ

将棋は、攻めが基本と言われます。なので、敵陣を攻めつぶすとか、攻め落とすとか、よく頻繁に使われるのは”攻め”つぶすという言い方です。しかし、この言葉に変えて、”受け”つぶす。この言葉を初めて聞いたのは、大山康晴十五世名人の書籍だったと思います。

大山名人が著書の中で、『攻めつぶすよりも受けつぶす楽しみ』と語られていたことを思い出しました。

この瞬間、真剣師林の背後に巨大な大山名人の姿があらわれたというのが、このドラマに引き込まれた要因ではなかったのか?

盤上のアルファ最終回。受けて潰せ、いてもたれ、石橋蓮司の運命を決めた一手とは。

 
Sponsored Links

受けて勝つのに必要なこと

大山十五世名人は、兄弟子の升田幸三氏に何度も負かされて、その時、升田先生の受けの強さに驚嘆し、”将棋は受けにあり”と悟られたということです。一方、升田先生の書籍では、升田先生は、苛烈な戦争経験で体を悪くし、長期戦の将棋には耐えられないため、短期決戦の攻め将棋になったとのことです。

こうして升田の攻め、大山の受けという構図が出来上がるわけですが、このくだりから分かることは、受けには強靭な体力が必要だということです。攻められても攻められても折れない心と、あらゆる変化を読み続けて丁寧に相手の攻めを封じる細やかさ。確かに疲れます。

”受けてつぶせ”とは至言ですが、実現するのには相当な鍛錬が必要であると思います。

だからこそ、”受けてつぶせ”と叱咤激励する林の言葉が”重い!”です。その思いを心にもってこのドラマを見ると、稽古将棋を指している林と真田の姿に、重く苦しい時間の積み重なりを想像させます。

Sponsored Links