古の戦法、雁木を現代に蘇らせた増田康宏が中飛車で藤井聡太と激突!



雁木の増田が振り飛車

増田康宏プロと言えば、”雁木”です。雁木と言う古(いにしえ)の戦法を現代によみがえらせた棋士です。そう書くと、まるで石田流を現代によみがえらせた升田幸三先生を想起させます。苗字も漢字が違っても、同じ読みですから、偶然とはいえ、おもしろいですね。

2018年11月20日の、先手が増田康宏六段に対して後手藤井聡太七段との順位戦C級1組の対局を今回並べてみました。

選んだ理由は、増田六段が雁木以外の戦法で藤井七段と対局したこと。しかも、その戦型が増田六段の振り飛車であったことです。そして、他には、この振り飛車に対して、藤井七段の採用した陣形が今まで私は見たことがなかったからです。

私は、あまり最新型の将棋に詳しくありません。なので、既に前から流行っていた形なのかもしれません。初めて見たときの印象として、かなり奇異な感想をもちました。

増田康宏、雁木から中飛車に変化。奇妙な囲いで対抗する藤井聡太
Sponsored Links

四筋位取り

位取りが藤井七段の陣形に現れました。藤井七段と言えば急戦策です。圧倒的なスピード感ある将棋が特徴です。なので穴熊とかは珍しいと思ってました。しかし、今回の将棋で現れた形が位取りです。しかも四筋です。

実は、私、位取りが大好きなんです。

位取りの将棋は、重厚な厚みを築いて、終盤までじっとしています。どんどん混戦になっていき、持ち駒を蓄えたところで、一転して攻めにでます。その時の迫力たるや・・・・。

美濃囲いを持って、位取りを相手にしてみると、まるで頭上から隕石が落ちてきたかのような破壊力です。

その位取りの形が現れたので、自分としてはかなりワクワクしていたのですが・・・。

雁木の増田が中飛車。藤井聡太の巧妙な控え歩。位取りから一転して低い陣形。

一手前に受けよ

藤井七段の将棋では、攻めの手が多く、あまり受けだけの手というのは少ない感じがしていました。しかしこの棋譜を並べる限り、『一手前に受けよ』の言葉がピタッと当てはまる手が多く出てきます。

後手は、位取りの陣形を作るかと思いきや、相手に位に対して反撃させておいて、一転して歩を低く受ける。普通、とった位は支えて守り通すのが位取りの方針です。しかし、あっさり位を奪われて、歩を低く受ける・・・。何度も頭の中で反芻してしまいます。そのくらい理解に苦しみます。

あ~位取りの将棋が見たかった・・・。そんな気持ちもあります。

先手は位を奪い返して、その位の陰に▲46角と自陣角を打ちます。この形、大好きです。

増田康宏の美濃囲いの急所を攻める藤井聡太のスピード満点の桂馬跳ね
Sponsored Links

攻めの速度が異常に速い!

藤井七段の将棋の一番の特徴は、そのスピードだと思います。今まで受けていたのに、いつの間にか、攻めの手番を握っており、一度握った手番が相手になかなか渡らない。こういう将棋は、見ている側にしてみると、爽快ですらあります。

先手が6筋から角の睨みを効かせて攻め込んでいき、”と金”づくりを狙っていったのに、8筋からの飛車のさばきと、桂馬の跳躍が、あっという間に攻めの主導権を握ってしまった感があります。

飛車が走った形が、遠く先手の”46角”を睨んでおり、攻めつつ受けにも効いているという鬼のような働きをしています。終局までが鮮やかでした。

藤井聡太 「終盤は駒の損得より速度」の速さが異常!飛車の押売りの投了図

Sponsored Links