冬ゴルフを楽しむ!凍ったグリーンに有効な攻め筋とは?



冬場のゴルフは難しい

冬場のゴルフが難しい。良く言われることですが、何が難しいのか、いろいろあります。

その中の一つに、この間ラウンドしたときに痛感したことがあります。

グリーンが凍っている・・・

グリーンが凍っているような時間帯は、冬場の早朝ゴルフです。何もあったかくなる時間帯にスタートすればいいじゃない!って言われるかもしれませんが、ゴルフが好きで好きでたまらないって人は、やりたくなる気持ちわかってくれますよね。

とにかくこの時は、1.5ラウンドできるプランだったので、朝が早くなるのは仕方がないんです。

 
Sponsored Links

凍っている状況を確認する方法

ティーグラウンドでボールをティーアップするとき、地面が硬くて刺さらないって思いしたことがあると思います。ティーグラウンドには穴をあける器具があって、初めて見たときは、何のためにつかうのかわからなかったことを覚えています。

ティーを刺すための穴をあけるときに、地面の凍り具合を知ることができます。ティーグラウンドがこれだけ凍っているのだから、相当グリーンは凍っているのでは?と想像するわけです。

冬のゴルフは、こういういつもはなんでもない普通のことができなくなるので、その分だけでも調子を狂わされます。

グリーンがどれだけ凍っているのか、練習グリーンで分かる以外は、一番ホールのグリーンを見て見ないとわからないのが普通です。一番ホールのグリーンにたどり着いたら、とにかくその上を歩くことです。そうすると、足の裏でそのグリーンの硬さを知ることができます。

また、グリーン上で役に立つのはグリーンフォークです。いつもはボールマークを直すためのものですが、グリーンフォークでマークを直したときに、グリーンの硬さを知ることができます。刺してみると硬くてなかなか刺さらないのが分かると思います。

 

ゴルフは自然との戦い

ゴルフは自然との闘いです。

ゴルフの中には、雪以外のあらゆる自然現象のハードルが存在します。凍ってしまった場合にどうするかというのもゴルフの技量をためされる状況です。

さて、凍ったグリーンをどう攻略するか?ここが何と言っても難問ですよね。

グリーンが凍るということは、フェアウェーや、池までもが凍っています。

凍っているならば、ボールがカート道路と同じくらい、と言ったら言い過ぎですが、落ちたらボールが跳ねます。

なので、グリーンに落ちたボールは跳ねて、制御が効きません。下手するとOBになってしまいます。

 
Sponsored Links

安全地帯を探す

凍っていてもボールが跳ねないところを狙わなくてはなりません。いわゆる安全地帯です。確実にボギーで上がる戦術を凍りが溶けるまでは続けなければなりません。

そんなとこあるの?って思います。

ラフです。

夏場にはハザードとなるラフが、冬場の凍ったゴルフ場の中では、逆にオアシスになります。

冬場ですからラフもそんなに長くはなりません。それに、霜が降りていますが、ボールを落ちたときにクッションとなるくらいに芝が伸びています。逆に、よく刈り込まれた花道は、グリーンと同じくらい凍っていて硬い可能性があります。そこに落ちるとやはり”コーン”って跳ねていってしまう恐れがあります。

このラフにボールを着弾させることが戦略上重要となります。

とにかくボールを止めなくては話になりませんから。

ラフからグリーンを捉える

ラフに落ちたボールを転がしてグリーンに寄せていきます。しかし、この時注意しなくてはならないのは、グリーンまでの距離にもよりますが、なるべくならパターで転がすことを最優先に考えるべきです。

ウェッジで打つとボールの高さによっては跳ねてしまうからです。また、ラフであっても、芝が薄いとウェッジのソールが地面にはじかれてミスする原因になります。なので、パターやチッパーなどで転がして寄せるのが一番安全だと思います。

ラフからパターで寄せるとなると、どれだけ転がるかわからないってなると思います。どれだけ転がるかが分からないのはウェッジでも他のクラブでも同じです。一番使用頻度が高く、で参考となるデータが蓄積するクラブで打つのが良いと思います。それがパターです。なんせパターはこの後何度も凍ったグリーンの上で使うことになるので、パターを何度も使って慣れておくに越したことはありません。

また、凍ったグリーンは、意外と速くないんです。パッティングした後ボールを拾い上げるとわかりますが、ボールのまわりに氷がくっついています。この氷や水分がボールに付く分、転がりが遅くなると思われます。そうなると、かえってパターの方が、思い切って狙って打てるだけ有利です。

凍りのゴルフから学ぶこと

実際に私がラウンドしたときは、そういったところに注意を払わずに、無頓着にグリーンに向かって打ち、パーオンしたと思ったら、ボールが跳ねて奥のOBゾーンに消えていきました。

まさかと思いましたが、仕方がないです。気持ちの切り替えも一つの試練ですね。

ゴルフは過酷な環境の中にも、必ず攻略の糸口もあると思います。その一つが凍っていることで地面が硬く、ボールが転がっていくんです。低いボールで打ったボールが、コロコロ転がって、いつもよりも飛距離が出ています。

いつもの距離感とは大きく違うため、小さな番手でも飛距離を大きく見積もることになりますが、距離が出るということは多くのゴルファーにとってメリットだと思います。

凍るくらい寒い過酷なゴルフでは、グリーン手前の花道ではなくラフにボールを飛ばし、そこからパターで寄せるという戦略が有効だという話でした。陽が高くなり、凍ったグリーンが柔らかくなるのを足の裏で感じたら、普通のプレーに徐々に戻していくというのが良いと思います。それまではひたすら辛抱です。まるで冬が過ぎるまで我慢して春を待つ花のように。

Sponsored Links