【受け将棋】東海の鬼の強烈な攻めを受け止める最強の受けを並べて見た!



東海の鬼と呼ばれた男の攻め

強烈な攻め将棋の棋風の人と戦ってこそ、その受けの力が分かるというものですよね。大山康晴十五世名人の受けの呼吸を学ぶためには、やはり、相当な攻めの力を持った棋士が相手であることがその条件となります。

花村元司プロは、元々真剣師からプロの将棋指しになった異色の棋士です。その攻めは『東海の鬼』と呼ばれるほどでした。

ちなみに、その花村先生の弟子が森下卓先生であることがおもしろいです。というのは、森下先生は、受けの大家であるからです。森下先生の受けを鉄壁と表現するとすれば、その鉄を鍛えあげたのは花村先生の強烈な攻めの炎であったと想像します。

 

Sponsored Links

相矢倉の理由

その花村先生と大山名人の対局です。戦型は相矢倉で、先手が花村先生です。どうして相矢倉を取り上げるのかについては、受けの将棋を学ぶためにこれ以上ないと思ったからです。

矢倉の先手番は一方的に攻めの主導権を握りやすく、反面、後手は守りの将棋になりやすいです。受け切れないと一方的につぶされるような経験も私自身何度も味わっていて、相矢倉の後手番を受けて立つ人をある意味尊敬の念を込めて見ていたこともありました。

その受け切れずにサンドバック状態で負けた悔しさもあり、受けつぶしてみたいと思う気持ちも強くあります。その時誰をお手本にすればいいか?

そう考えたら、後手の大山先生に指していただくしかないではないですか。

と言うことで、先手の花村先生の攻めを受け止める大山先生の将棋を並べてみました。

受けこそ度胸

受けこそ度胸とは自分が常々思ってきたことで、将棋を指していて、いつも思うことは、攻める側は、攻め駒を失うが、きわどい受けを要求される側は、玉を失うってことです。

もちろん攻めが切れれば間接的に玉を失うってことになるのですが、受け将棋の場合、特に大山先生の棋譜を並べていると、玉自身を餌にして攻めを受け切る局面が何度も現れます。

本当に大丈夫だと読み切れなくては到底させるものではありません。読みぬけは即負けにつながります。

きわどいながらも、確固とした自身の元に指された受けの手をぜひ盤に並べましょう!

 

Sponsored Links

棋譜一覧

戦型:相矢倉 先手:花村元司
後手:大山康晴
1. 東海の鬼と呼ばれた棋士の強烈な攻めを受けつぶして勝つ名人の受け!
2. 将棋、受けて勝つ極意を探す。強烈な攻めの受け方を名人の棋譜に学ぶ
3. 将棋の守りの駒は美しい。大山十五世名人の守りの金がしずかに動く。
4. 精神的強さが出る。受けこそ度胸。勇気のある受けを大山流から学ぶ。
5. 大山康晴十五世名人の受け将棋の極意は、攻め駒を責め続けるのだ! 
6. 将棋受けの極意。馬を詰ます受け!馬を責めながら守る迫力の攻防戦
7. 完結編。反撃開始!強烈な破壊力で倍返し!鬼より怖い二枚飛車の攻め
Sponsored Links