マッスルバックアイアンは難しい?使わない方が良い?上手な変え方を提案します!



マッスルバックアイアンはプロでも使わない?

よく言われることですが、マッスルバックアイアンを勧めない理由として言われる言葉のひとつに、

『ブロでもそんな難しいアイアンは使わないよ!』

って言葉があります。

この言葉、私は半分当たっていても、半分は外れてると思います。

テレビでゴルフ中継を見ていたら、上位で活躍する選手のマッスルバック使用者は多いことに気づきませんか。

タイガー・ウッズ、フィル・ミケルソン、ロリー・マキロイ、リッキー・ファウラー、日本では、松山英樹選手。

いずれも世界のトッププレーヤーですが、マッスルバックを愛用しています。

難しいだけのアイアンならばどうしてこれほど、世界の超一流プレーヤーに使用されるのでしょうか?

 

Sponsored Links

マッスルバックアイアンを使わない方が良いという意味

マッスルバックアイアンが難しいと言われるのは、ロングアイアンのことを言っているのではないかと思います。

確かに、マッスルバックアイアンのロングアイアンは難しいと思います。これは、実際に打ってみるとわかります。

しかし、ショートアイアンも同じように難しいかと言われると、そんなことはないと思うはずです。

その良い例が、サンドウェッジです。サンドウェッジがマッスルバックかどうかって気にする人はあまりいませんよね。

サンドウェッジはほとんどが鉄の塊です。いわゆるマッスルバックですよね。でもサンドウェッジを打っていて、マッスルだから難しいって思いますか?たぶんそんなに変わらないというのが感想だと思います。

『プロでも使わない』と言われるのは、マッスルバックのロングアイアンのことだと考えてよいと思います。そうしてみると、確かにロングアイアンを入れているプロは少ないです。

マッスルバックのロングアイアンは抜く?

ロングアイアンを抜いた理由を知るには、ロングアイアンの代わりに入っているクラブに注目すればわかります。

ロングアイアンの代わりにユーティリティを使う人が多いです。

昔、ユーティリティが無かった時代では、アイアンかフェアウェーウッドしか選択肢がなかったです。

その時、アイアンが好きな人は、アイアンでずっと打ちたいですし、アイアンが苦手な人はウッド系に極力したいです。

どっちかに偏ってるので、アイアン派の人は、ロングアイアンを入れてました。

ロングアイアンの難しさは、ウッドの難しさよりもマシって思ったからだと思います。そこに来て登場したのがユーティリティーです。

 

Sponsored Links

ロングアイアンの代わりにユーティリティ

ユーティリティは、明らかにアイアン派の人からすると、ロングアイアンよりも球が上がりやすいですし、ウッドにするほどの抵抗感はないのだと思います。

私自身ユーティリティを使ったこともありますが、フェアウェーウッドよりも、かなりアイアンに近い感じがします。

アイアンとウッドの間の子のような存在ですから、バランスのとれたクラブと言えます。

マッスルバックアイアンにしようか悩んでいる人は、まずは、ショートアイアンをマッスルバックにしてみて、上達度合いや自信の付き具合によって、上の番手を足していくというのも一つの有力な選択肢だと思います。

7番以下のクラブをマッスルバックにして、そこから上は、キャビティアイアンやユーティリティで揃えてみると良いかもしれません。

まとめ

『プロでもそんな難しいクラブ使わない』って言われて、マッスルバックアイアンにするかを踏み切れない方は、ショートアイアンだけマッスルバックにしてみるという選択肢が有力だと思います。

飛距離が足りない部分は、キャビティアイアンやユーティリティで代用してもいいですよね。

マッスルバックアイアンは、ロングアイアンのように長くてロフトが立っているとすごく難しいけれど、短いと簡単、あるいは、そこまで簡単でないとしても、打てないことはないと思います。

とにかく、マッスルバックアイアンを使いたければ使ってみるのが良いと思います。自信がないと尻込みしている人もいきなり全部を変えるのではなくて、ショートアイアンから順番に揃えていけば、スムーズにマッスルバックアイアンに移行できそうです。どうしてもダメだと思ったり、思ったのと違うって場合は、引き返す選択肢もあります。

マッスルバックアイアンを使って、今よりゴルフが楽しくなればそれに越したことはありません。

あなたのゴルフライフが楽しく実りあるものでありますように!(*^_^*)!

Sponsored Links