玉はこんなに強かった!入玉こそ最強の受け。将棋が強くなるために。



将棋を強くなるためには受けを学ぶ必要がある!

将棋を強くなるためには、どうしても受けを学ばなくてはならないと思います。

攻めて攻めて攻めまくって勝つことはそれはそれでストレス解消にもなりますが、相手の受けの力が強いと、攻めが通用しない場合があります。

攻めが途切れてあとは負けるだけっていうパターンほど将棋がつらいものはありません。

攻めさせられているっていう感じですね。

大山康晴十五世名人の将棋にはこういう展開がよくあります。

傍目には、きわどい将棋に感じて、ハラハラどきどきしますが、これは相手の攻めを見切っているからだと言われたら感動すらします。

 

Sponsored Links

東海の鬼、大山流の受けを崩せるか?

今回並べる将棋は、花村元司先生と大山康晴十五世名人の対局です。受けの将棋を学ぶには、大山先生の受けの奥義を引き出すほどの攻めの強い棋士が相手でないといけません。

花村先生は東海の鬼と呼ばれたほどの攻めの名手。弟子の森下卓先生が受けの名手であることを思うと、その強靭な受けは師匠の攻めに鍛えられたのでは、と思います。

大山先生は言わずと知れた受けの名人。現代に至るも、受けの技術は大山先生を超えないと言われているそうです。

大山流の受けを学ぶために、選んだ戦型は矢倉です。矢倉は全軍挙げての戦いになりやすいです。攻める側も全力ですから、受ける側も必死で受けなくてはつぶされてしまいます。大山十五世名人が受ける展開になりやすい後手矢倉を選びました。

振り飛車で有名な大山名人が昔矢倉を指していたと知れば、矢倉好きな人は受け主体の矢倉に興味がわきます。

攻める意思を持った囲い

『矢倉は攻める囲いである』、そう私は教わりました。将棋の中でも、守りに偏った構えはたくさんあります。例えば穴熊。

穴熊は遠く深く囲います。相手の手が届く前に、敵の玉をとってしまおうという意思があらわれています。

対振り飛車で、最も攻めの意思を感じるのは、やはり『玉頭位取り』だと思います。終盤、玉頭に突き出された位を活かしての攻めはまるで卵に岩をぶつけるが如しです。

 

Sponsored Links

矢倉は攻める囲い

しかし、玉頭位取りも、その攻める相手は、振り飛車の美濃囲いや穴熊です。相手からやってくるわけではありません。

矢倉の場合、相手の攻めの総大将の飛車が真正面に居るのです。その攻めの布陣を相手に攻めるっていったいどういうこと?って思います。

なので『矢倉が攻める囲い』と言われても、具体的にどういう意味かわかりません。

しかし、この棋譜を並べ終わったら思うと思います。

『矢倉は攻める囲いだった』と。

最強の受けの形、『入玉』

矢倉の最終的な受け勝ちの形は、『入玉』だと思います。他のどんな囲いでも矢倉ほど入玉をしやすい囲いはないと思います。入玉するまでには大変な旅路が自玉には待っていますが、その追撃をかわしにかわして入玉を果たすドラマがこの棋譜にはあります。

戦型:相矢倉 先手:花村元司
後手:大山康晴
1. 将棋を強くなりたい!受けの基本は大山康晴名人の実戦の棋譜から学ぶ
2. 将棋名人戦の相矢倉。先手、攻めの理想形対後手、一手前の周到な受け!
3. 勝負に勝つため、勇気と忍耐が必要な待つことの大切さを歴史に学ぶ!
4. 金銀4枚の矢倉の陣形!継ぎ歩をどう受ける?激しい矢倉攻城戦始まる!
5.  将棋の極意とは?受けつぶして勝て!飛車の侵入を許す大胆な受け。
6. 守りの最後の手段、最強の受け入玉を目指す。迫り来る一間龍の恐怖!
7. 戦意を喪失させる究極の受け『入玉』。ついに完結!受けつぶしの図。
Sponsored Links