ゴルフ資金のために節約する?私のターゲットは通信料。 DMMモバイルで念願の格安シム導入。



実際にやってみよう!行動あるのみ!

スマホは、もう、インターネット専用にして、通話をするためにガラケーにしよう。そのように考えて実行にうつすことにしました。

決意した時には、イーモバイルはワイモバイルと社名を変えていました。なのでワイモバイルからドコモに乗り換えします。2年縛りの解約手数料(約1万円)はかかってしまいましたが、それでも乗り換えてみたいという思いが強くあり、断行しました。

タイミングが合えば、ちょうど切り替えのタイミングで乗り換えることをおススメします。私は好奇心に勝てませんでした。(-_-;)

さっそく最寄りのドコモのお店に行き、スマホに切り替えるまえにドコモと契約して使っていたガラケーを持ちこんで話をききました。ガラケーに入れるシムは、かけ放題にしたかったので、そのためのシムを発行してもらえるか聞きました。

キッズ携帯おそるべし・・・

いろいろと話をしているうちに、シム単体の発行ではなく、キッズ携帯に乗り換えることにしました。最低でも通話ができればいいと思っているので、キッズ携帯であれば、持っているガラケーが壊れても最悪キッズ携帯にさせば使えると思ったからです。

話を聞いてみるとこのキッズ携帯は奥が深かったです。というのは、キッズ携帯は機種代金は無料という点でした。最初は持ちこんだガラケーにシムをさして使うというシンプルな考えだったのですが、少し欲がでました。

せっかく乗り換えるのだから新しいガラケーにしてもいいのではないかと。ガラケーをいろいろ見ていると機種代金が実質無料という表現に気が止まりました。実質無料と無料というのは違うのだろうか?

この意味は何かといいますと、例えばキッズ携帯を使用していて、キッズ携帯が水没したとします。その場合、キッズ携帯の機器自体は債務がないので、その分のお金は支払う必要はないとのことでした。

一方、実質無料というのは、割引制度とかを活用した結果、無料になっているということで、その機器が水没したりして使えなくなると、その機種に関連する割引制度がなくなったりした場合は債務が発生してしまうということでした。

結論として、ワイモバイルのスマホから、ドコモのキッズ携帯に乗り換えて、キッズ携帯は使わずに、シムだけを以前使っていたガラケーにさしこんで使うということをしました。

次はスマホじゃ!ところでシムなしだとインターネット繋げないの?

このガラケーへの乗り換えの結果、スマホにはシムが入っていません。シムが入っていないとインターネットは使用できないのかな?って疑問がありました。

具体的には、たとえば、家でパソコンを使っている人は、NTTのフレッツADSLとかを契約している方も多いと思いますが、Wi‐Fiを使える環境であれば、シムの入っていないスマホをインターネットに接続できるのか?っていう疑問でした。

実際にわが家では、フレッツADSLを契約していたので試してみましたところ、見事インターネットに繋がりました。ガッツポーズ。

ここで思ったのは、

”別にスマホにシムをささずに、家の中だけでスマホを使えばシムいらないのでは?”

って思いました。

しかしさすがに、家の中だけで終わりにするのは、もったいないと思ったので、シムを契約することにしました。

さて、どこの格安シムがよいのだろうか?

いろいろとシムを探したのですが自分が選んだシムはこちらです↓

 

一番魅かれたところは、現実的で済みませんが、安さです。節約というテーマでもあります。このdmmモバイルは業界最安値を目指しているということで一番安いのかなと。そんな簡単なノリで決めました。

様子見も兼ねて、最初は1ギガバイトプランで契約していましたが、現在は3ギガバイトプランで契約しています。月額850円でした。容量や速度ともに自分にとっては十分満足しています。

スマホの容量を3ギガバイトにした理由については、先にもふれましたが、わが家ではWi‐Fiが使えたことです。家ではWi‐Fiを使うようにすることで、通信料を節約することができるからです。

動画などは、家で見るようにして、外ではなるべく見ないようにします。どうしても外で見たくなったら、フリーWi‐Fiを利用して見るようにすればいいのではないかと思います。

結構フリーWi‐Fiの環境は整っているように感じます。スターバックスやセブンイレブンなどのコンビニ、公共施設や空港などでも使えるところが増えていますので、工夫次第でスマホの通信容量を低くして通信料を押さえることができます。

まとめ

これまで、スマホからガラケーに乗り換えて、スマホには格安シムを入れましたが、これで一体いくら安くなったのか?

これについて計算してみます。

乗り換え前のスマホの月額は、4,500円弱でした。(1ギガバイト)

乗り換え後のスマホの月額は、 850円になりました。(3ギガバイト)

※格安シムをdmmモバイルから購入しますが、初期費用として新規契約手数料の3,000円とシムカード準備料394円かかります。

あと、乗り換え後のガラケーかけ放題の値段は2,200円です。

※乗り換え前のスマホの時の通話仕様は、月300回で1回あたり10分以内の通話が無料という内容でしたので、かけ放題になる分、サービス内容はアップです。

合計すると乗り換え後の金額は3,050円になりますので、月額およそ1,400円ちょっと安くなったことになります。一年で16,800円安くなります。これって大きくないですか?

前の記事:ゴルフ資金のために節約する?私のターゲットは通信料。 もっと安く!深まる私の野望

次の記事:ネクサス5から次のエーススマホをどうするか?アンドロイドワンに抱いた直感

Sponsored Links