藤井聡太四段の穴熊!対正当四間飛車の攻略手順が秀逸。自陣角からの局面打開から小駒の活用。



藤井聡太四段の穴熊が新鮮だった

2018年1月19日に行われた藤井聡太四段対矢倉規広七段の対局です。C級2組8回戦、順位戦です。

名人を目指すために順位戦を勝ち上がっていかなくてはなりません。かつて升田幸三実力性第四代名人は、病に苦しむ中で、特に順位戦に全力投球したという話があります。

さて、なぜこの将棋を記事にしようと思い立ったかと言いますと、気まぐれです!というわけではありません。この将棋は居飛車対振り飛車の戦いですが、振り飛車側が四間飛車。先手は居飛車穴熊です。

オーソドックスな出だしでしょ。一応ここまでの手順をアップします。

▲2六歩 △3四歩 ▲7六歩 △4四歩 ▲4八銀 △4二飛
▲6八玉 △6二玉 ▲2五歩 △3三角 ▲5六歩 △7二玉
▲7八玉 △3二銀 ▲7七角 △4三銀 ▲5七銀 △8二玉
▲8八玉 △5二金左 ▲9八香

ここから、局面は進み

△5四銀 ▲6六歩 △7二銀
▲9九玉 △6四歩 ▲8八銀 △7四歩 ▲5八金右 △7三桂
▲6七金 △9四歩 ▲7八金 △4五歩 ▲3六歩 △9五歩

となって一触即発。先手がどのように仕掛けるかというところです。

Sponsored Links

局面を打開

この局面からどうやって仕掛けるかを昔考えたことがありました。藤井四段がどのように仕掛けるか、とても興味がありましたので、記事にしました。

ここからの仕掛けの手順です。

▲2四歩 △同 歩 ▲3五歩 △同 歩 ▲6五歩 △同 桂
▲3三角成 △同 桂

角交換をして飛車を走るというのがこの仕掛けの目標です。ここで▲2四飛車と走ることができればよい、というのが当時の私の周りで言われていた考えでした。でも、ここで飛車を走るとしても、銀桂交換されたうえ、▲6七金と玉から離れていくのは・・・・(-_-;)。また、78の金が浮いている状況では、何とも仕掛けが成功しているとは言いにくいのではないか、というのが私の考えでした。やはり穴熊で戦うならば、玉の堅さに不安があってはならないのではないか?そんな気持ちが抜けず、この仕掛けは余りやったことはなかったのです。

またもや自陣角!

そのように進むのかなって思っていたのです。そしたら、

▲6八銀 △2五歩

藤井四段が銀を引いたのは少し意外な感じがしました。てっきり飛車を走るのかな、と。

銀を引いた手自体は、銀桂交換の駒損を避けて、手順に玉側に銀が寄って行くので、感触がいいです。しかし、この後に△2五歩と飛車走りを防がれると、歩も持ち駒にないため、手に困ってしまうという事態になります。この手詰まりになったように一見見える局面で藤井四段が指した手が、

▲7五歩

です。この歩を突き捨てて、▲6六角 の自陣角です。ここでも自陣角なんです。

以下、△同 歩▲6六角 △4三金 ▲7五角 △6三銀上 

この自陣角を打った効果で、相手の金が43に、銀が63に離れていきます。

Sponsored Links

玉を固める一手

この次に指した手が対象的です。

▲7九銀右

この手は後手とは対照的に、玉側に近づいていきます。しかも、この後の手順を見ると分かるのですが、△7二飛車と回られた時、角が逃げると、金が浮いているので困ってしまいます。転ばぬ先の杖とでもいいましょうか、ピッタリの手だと思いました。

因みに、▲7五歩とつかれた局面で、△同歩ととらずに△3九角と打つと、▲3八飛車と寄られて藪蛇です。この後、後手は馬を作れますが、先手の飛車は▲3五に走り大活躍します。

本譜に戻ります。

△7二飛▲6六角 △3四金 ▲2四歩

と進みます。

この▲2四歩が、秀逸です。次の歩成りを見せて、飛車による受けを強要しています。金でとると▲3三角成が生じます。

△2二飛 ▲3七桂 △2四飛▲2五桂

まさかの桂捨てです。この桂捨てが歩切れを解消しつつ、攻めを継続させる手でした。▲2五桂を△同桂と取ると、▲1一角成として桂香交換で馬出来ます。

次に▲2五桂を△同金は▲3三角成で論外です。

次に▲2五桂を△同飛車ですが、玉の堅さが半端なく先手が堅いので、自爆行為な感じがします。

以上のことから、

△7七歩 ▲6八金寄 △2一飛

として一本歩を効かせてから、△2一飛車で香車にひもをつけて、次に△2五桂馬と桂をとる準備をしました。

二枚替え

しかし、ここからの攻めが鋭かったです。

▲5五歩 △4三銀▲3三桂成 △2八飛成 ▲4三成桂

飛車を取らせますが、銀と桂馬の二枚替えです。

この局面を見ると、玉の守りは先手が圧倒的に有利です。攻めは大駒3枚を後手は持っていますが、先手の攻めゴマは小駒が主体です。当面成桂にかかっていますが、この成桂の活躍が間に合うかが、先手の攻めの眼目ということになりましょう。

△8五角 ▲5三成桂 △5二銀

△8五角は、攻防の角打ちです。急所の74に効かせながら、先手の金を睨んでいます。

成桂の活用

これに対して、先手は5三成桂と当然の活用です。ここで、銀をただでとらせるわけにはいかず、攻めを遅らせるために、△5二銀としました。ここで、銀桂交換の駒得とばかりに交換しては、手がかりがなくなってしまいます。

▲5四成桂 △5九飛 ▲6四成桂

となりました。成桂を54に引いたところで、▲5四歩と突き出して角の道も通す手が写ったのは私だけでしょうか?ここは成桂を引くものなのですね、勉強になりました。歩を突くと、成桂が働きません。

54の歩がと金になればいいですが、結局後手から取ってくることはないので、と金をつくる展開になりません。またそのままの状態では、成桂は銀と交換するだけしか活用のしようがなくなります。

成桂を64の地点に持って来て、攻めの拠点にするのがなによりの急所なのですね。

鮮やかな終局

△6七角成 ▲7四桂 △(投了)

角が74に効きがなくなったので、74桂。鮮やかな収束です。

投了図からは、△8一、△7一に玉が逃げると、▲8二銀から詰みです。△7二は▲7三銀から詰みです。△9二に逃げた場合は、66の角が、遠く、93の地点に効いているので、▲9三銀と打って詰みです。

2枚替をした後、43に成桂を作ってから、藤井四段は、攻めの手は成桂を動かすしかしていません。この局面から、敵玉を制するまでの成桂の通り道が描かれていたのでしょうね。

藤井四段の角が好きです(^◇^)

棋譜一覧表を表示する

『【将棋天才を感じた棋譜まとめ】藤井聡太、羽生善治、村山聖』に戻る

Sponsored Links