サンドウェッジの使い方はバウンスを活かせる構えが重要!



サンドウェッジが苦手な人に提言

ゴルフクラブはたくさん種類があります。得意もあれば不得意もありますよね。私は、最も苦手なのがウッドです。ウッドにもいろいろありますが、ドライバーは普通ですが、地べたから打つフェアウェーウッドが大の苦手です。

アイアンに慣れているせいか、あのアイアンに比べれば大きなヘッドが地面のボールを拾えるとは到底思えないのです。しかし、ウッドは使わなければいい話ですよね。なので今回は省略します。

ウッドの次にめちゃくちゃ苦手なのがサンドウェッジです。サンドウェッジはアプローチのをする上で避けては通れないクラブですよね。

なぜかと言えば、サンドウェッジは、ボールを上げるために必須のクラブだからです。パターでサンドのようにボールを上げろと言っても不可能です。なので、パターが転がしのメインクラブとすれば、逆にボールを上げるクラブのメインはサンドウェッジになります。

 
Sponsored Links

転がすゴルフから覚えた人にとっては難しい

今までL字パターと散々言い続けてきたのは、転がすゴルフを基本にしていたからでもあります。L字パターからロングアイアンがイメージしやすいから好きという私のようなゴルファーにとって、ボールを上げるクラブと言うのは、まったくイメージが変わってしまうのです。

サンドウェッジは、ダフリやトップのミスが頻繁に出ます。逆にパターではそうそうありません。

最近、ウェッジを練習していて、ダフリやトップが止まりませんでした。どうしてダフってしまうのか、見直してみる必要があると思い、一から考えてみました。

原点に立ち返る。ベン・ホーガンだ!

『原点に戻れ』というのは原因追及に最も適した言葉ですね。私の原点は、ベン・ホーガンです。彼がどう言っていたのか?これが私にとって最も重要です。

まずやったことは、ベンホーガンのサンドウェッジについてのアドバイスを復習することでした。その詳細については、『ベン・ホーガンが教えてくれたサンドウェッジの打ち方。ソールを使って打つとは?』の記事に書きました。

これを簡単に言えば、ウェッジを打つときに、ボールの後ろを打てばソールが滑っていって、ボールをヒットすることできる。だから、サンドウェッジを上手に活用すれば、アプローチの精度が上がるということを言っています。

この言葉を最初に聞いて試してみたときには、かなりうまく打てていて、『これだ!』って開眼したのですが、今は、その開眼したはずの目が閉じています。

 
Sponsored Links

ハンドファーストが原因?

何が原因なのか、そうやって悩むこと2週間以上。

一つ原因らしきものが浮かんできたので、それを報告したいと思い今回記事にしました。

きっかけは『ベンホーガンの言うように打つためには、ソールが滑るように構える必要があるのでは?』

この問いが私を導いてくれたと思います。

そうなんです。アドレスの時点ですでにおかしかったんです。

『ハンドファーストにしすぎていた。』一言これに尽きます。自分が思っているよりも意外とハンドファーストになりすぎているものですね。

ハンドファーストになっていることで、バウンスが使えなくなっていたのです。

バウンスが使えるように構える

バウンスってこれです。これと言っても分からない人もいると思いますので説明しますと、ちょうどソールの『58』の表示の上の方に錆ている部分があると思います。シャフトを垂直に構えると、この部分が多少斜めになっています。


例えば下の図の場合がシャフトを垂直にした図です。この図から分かると思いますが、リーディングエッジが少し浮いています。この浮き具合が大きいほど、バウンス角が大きいことになります。ベン・ホーガンが言うには、これが6mmくらい地面から浮くように構えろってことなんです。

大体シャフトを垂直に構えた下記の図だと、6mmくらい浮いています。
これをハンドファーストに構えるとまったくバウンス角がなくなってしまいます。リーディングエッジが6mm浮くこともありません。


上記のようにハンドファーストに構えたのでは、バウンスがしっかりと活用できるはずがありません。できるようにするためには、シャフトを垂直にしてバウンスが滑るように構える必要があります。

まとめ

サンドウェッジでダフリやトップが出てきたら、アドレスを見直すべしっていうことなんですが、もっと具体的に言うとどこを治すべきなのか?シャフトの傾きであるってことなんだと気づいたってことでした。

シャフトの傾きがハンドファーストになりすぎていないか確認して、リーディングウェッジが6mm程度浮くように意識して構えることでソールを使ったウェッジショットができるようになるということでした。

もしあなたがダフリやトップに悩まされているようであれば、この点を確認してみてはいかがでしょうか。

あなたのゴルフライフが楽しいものでありますように!

Sponsored Links