ランニングアプローチは難しいけど安全?



ランニングアプローチは安全

ゴルフでラウンドデビューし、何回も悔しい思いをしてくると、どうしてもグリーン周りのアプローチが重要であることに気づくと思います。

どうにかしてアプローチをうまくならなければ・・・って思うと思います。私も思ってました。

アプローチって言っても、ゴルフを始めたばかりだとどんなアプローチをすればいいのかすらわかりません。

私が今まで経験した中で、もっとも安全だと言われてきたのがランニングアプローチでした。

Sponsored Links

ランニングアプローチは難しい

ずーっと長い間誤解してきたことがあります。ずばり言いますと、ランニングアプローチは、確かに安全ではあるけれど簡単ではないってことでした。

今まで、ランニングアプローチは最も『安全な』アプローチ方法だと巷でよく言われるので、簡単なんだろうって思っていたのです。自然にそう思うと思います。

でもやってみたら大違いです。めちゃくちゃ難しいです。

『百聞は一見に如かず、百見は一行に如かず』。私の好きな言葉ですが、どんなことも自分で試してみないと本当のところはわからないと思います。

ランニングアプローチをテレビでプロもやってる?

ゴルフが好きになると、テレビでもゴルフ番組をよく見ると思います。10年以上テレビを見ていて思うのですが、グリーン周りからランニングアプローチをしているプロは、女子も男子も、あまり見かけません。

みんなサンドウェッジを握って、浮かせて寄せてます。

砲台グリーンとか、特殊なケースだからサンドウェッジなんでしょ?って思うかもしれませんが、花道やカラーからもサンドウェッジを使って寄せています。

少なくとも、ミドルアイアンを使用して寄せている姿を見るのは非常に稀です。

Sponsored Links

簡単ではないからランニングアプローチをしない

『そんなに簡単ならばもっとテレビで頻繁に出てきてもいいんじゃないの?』

それが正直な私の疑問でした。そんな疑問から、やっぱり簡単じゃないんだなって思うに至りました。

ちなみに、昔のプロは、ランニングアプローチをしていました。例えばm特に私の中では印象に残っているのは、青木功プロの5番アイアンでのアプローチです。

このランニングアプローチが芸術的です。こんな感じで寄ってくれれば最高ですよね。これが私の理想形です。

ランニングアプローチは距離感が難しい

一番の注目点は振り幅が小さいため、リスクが少ないってことだと思います。私はこのランニングアプローチを習得するため何度も挑戦しました。ミドルアイアン、例えば5番アイアン(ロフト28度)や6番アイアン(ロフト32度)で練習したのですがなかなか寄りません。

その原因は、距離感です。

この距離感、相当グリーンを知り尽くしていないと、どれだけの力で転がすとどのくらい転がるのか、これを把握するのにかなりの経験と勘が必要なんだと思います。

ランニングアプローチのメリット

ランニングアプローチは難しいって話をしてきましたが、安全です。一見矛盾しているように思いますが難しいのは距離感だけでそれ以外のミスは非常にしにくいと思います。

例えば方向性。これは使用する番手がミドルアイアンなどでロフトが立っているためパターの延長線上のイメージで打てるので、そうそう明後日の方向にずれたりしません。

また、パターと同じようにロフトが立っているため、ダフリやトップのミスが出にくいです。これは、先ほどの青木プロの動画でもわかるかと思いますが、振り幅が少ないからです。

まとめ

ランニングアプローチは難しいけど安全と書きました。これは、確実にスコアをまとめようって考える人にとっては安全な技術だと思います。とりあえずグリーンに乗せて2パットでいいやって思えれば、ランニングアプローチは安全な技です。

しかし、寄せワンを狙おうって人には両刃の技術になると思います。寄せようと思って少し強く入ってしまうと大きくカップを越してしまったりするからです。

ランニングアプローチは距離感を支配できれば最強と言えます。しかし距離感を自在にするまでがめちゃくちゃ難しいです。

なので、とにかくグリーン周りでトップやダフリが多すぎて2打も3打も余計に打ってしまって悩んでいるって方にはおすすめだと思います。

最後までお読みくださりありがとうございました。(*^_^*)

Sponsored Links