先手矢倉対後手雁木。増田四段が現代に蘇らせた雁木の優秀性を感じた一局。後編



前回の局面は、後手が裸の王様になったところで終わりました。

改めて局面を掲載します。ほんとにこの局面を見て、後手を持つのはかなり勇気がいると思います。普通なら、怖くて踏み込むことはできないのではないでしょうか?

さて、この後の展開についてですが・・・。

▲2六歩 △同 玉 ▲3七金 △2五玉 ▲2六歩△3四玉▲2一と

後手玉の入玉を阻止するためにも、3七金を先手で打って、玉を追い返します。

一旦一呼吸おいて、先手は▲2一と、と、桂馬を補充します。対して後手の次の手が注目されます。

△9五角 ▲6八歩 △5七歩 ▲5九歩

△9五角は遊んでいた角を、急所に配置します。これが△5九飛車からのいきなりの詰めろです。将棋の面白いところは、反撃をするタイミング次第で、局面の雰囲気が一気に変わってしまうところだと思います。

例えば、端に角を出ただけで、この角の価値が比較にならないくらい高くなった感じがします。

先手は、▲6八歩としっかり受けます。対して、後手は△5七歩と桂馬の効きを活かして垂らします。先手玉が俄かに攻め込まれています。

△5八歩成▲同 玉 △2八飛

歩の成り捨てがかなり軽くも厳しい手です。これを同玉を取りましたが仮に同歩だとどうか、と疑問が湧きます。

ここ同歩の場合、△3九飛車と飛車をおろされて、以下相駒をしないと、△6九銀から詰まされてしまいます。なので、桂馬を相駒にして粘りますが、この形は、かなり粘りの効かない感じがします。また唯一の持ち駒である攻め駒の桂馬をここに使ってしまっては攻め味に欠けてしまいます。

本譜に戻り、

▲6九玉 △5五銀直 ▲4六桂 △4五玉

この時の後手は生きた心地がしないのはないでしょうか?玉の綱渡りが続きます。

 

この後もっと怖い局面が出現します。それがこれです。

▲6五銀 △6六歩 ▲5七桂 △3五玉

 

桂馬を打たれて玉を逃げますが、この瞬間、もし先手に歩以外の駒を持っていたら、詰んでいます(桂馬だと、▲2七桂馬から飛車が抜かれます。)。「打ち歩詰め」という禁じ手があるため、▲3六歩と打てないのです。このルールがなければ、歩を打って玉が詰んでしまうのですが打てません。

増田四段は、この打ち歩詰めまで読んでいたのでしょうか?打ち歩詰めまで読んでいたならばやはり天才です。

▲7七金寄 △3六歩▲2七金 △同飛成

先手は、当たりになっている金を77に逃げます。そのあと、3六歩と打ち、後手は玉頭を手厚くしていきます。先手は金がどうせ取られるのならと▲2七金と寄って、飛車の位置を逸らします。

後手は順調に玉の逃げ道を開拓していきます。打ち歩詰めの局面と比較すると、かなり安全になった気がします。先手に持ち駒がないことも後手にとっては追い風です。

▲5三馬 △3七歩成

金を取られた瞬間、馬を取り返したくなりますが、▲2五金打ちで詰んでしまいます。なので、馬には目もくれず、△3七歩成とと金をつくります。と金を作って玉周辺を安全にするのが、馬をとるよりもよほど価値が高いです。

また、先手は馬取りになっているため、逆に忙しくなっています。先手としては銀をただで取りたいのですが、馬筋が逸れて後手玉へのプレッシャーが足りません。後手玉に入玉されてしまっては、後手玉を詰ますことはほぼ不可能になってしまいます。

▲4三馬△4七と▲6四銀 △5八銀

と進みます。

▲4三馬は、馬を25の地点に効かせて、プレッシャーをかけ続けます。しかし次の△4七とが先手の攻めを振り切った手のように思えました。仮に▲2五馬とされても46の桂馬が浮いており退路ができています。

先手は▲6四銀と銀を補充しますが、後手は、ここから△5八銀と決めに出ます。

▲7八玉 △6七歩成 ▲同 歩 △6八金

 

この銀を同歩と取ると、△2九竜と竜を入られて、相駒を使わされます。このあと、私には、先手玉の即詰みは見えませんでしたが、△2六玉と入ると、もはや後手の入玉は確定です。29の桂馬を手順に王手で取られると、入玉を阻止するという希望が断たれてしまいます。

なので、潔く玉を逃げたのかな、と思いました。ただ、ここからの投了図、そして投了図からの詰みまでの手順が美しい流れでした。

△67歩成から歩を成り捨てて、△6八金と捨てます。この捨てが詰みを読み切ってかっこいい手です。しかもきれいな詰みです。

投了図以下、▲同玉△5七と▲7九玉△6八と▲同玉△6七竜▲7九玉△6九竜 までです。

手順中、△6八とと捨てるのがポイントです。この捨てによって、遠く95の角筋に玉を入れます。そのあと、△6七竜としますが、これを▲同金と先手はできません。角で王を取られてしまうからです。

このようにしてみると、△9五角が輝いて見えます。本当に美しい角です。

あとは攻めが激しくなる前に88歩としておいて壁金にした手が、最後になって見ると、効いているのがよくわかります。

 

これまで3回に渡って棋譜を見てきましたが、矢倉と雁木の戦いは雁木の勝利となりました。興奮冷めやらぬところですが、この棋譜を見終えての矢倉と雁木についての感想は、また次回の記事に譲りたいと思います。

あ~~すごい将棋だった~~。ちゃお。

前の記事:先手矢倉対後手雁木。増田四段が現代に蘇らせた雁木の優秀性を感じた一局。中編

次の記事:先手矢倉対後手雁木。増田五段が現代に蘇らせた雁木の優秀性を感じた一局。感想編

棋譜一覧表を表示する

【矢倉対雁木棋譜まとめ】どっちの戦法が優秀か考えてみた!』に戻る

Sponsored Links