ゴルフでターフをどうしたらきれいに取れるかを考えてみた



『秘密はターフの中にある』

ベン・ホーガンは、『秘密は土の中にある』という言葉を残しました。この言葉を推測すると、ゴルフで土の中と接点があるのはターフを取る時しかありません。

この言葉はターフの中に秘密があるのだということを言っているってピンときました。

ゴルフ ダウンブロー 草鞋のようなターフ ベンホーガンの土の中の秘密は?』の記事で書きましたが、ターフをとる実験をして、トゥから地面に接すると、きれいなターフが取れないということがわかりました。きれいなターフを取るためには、ヒールから地面に接していく必要があります。

ヒールを地面に設置するためにはどうしたらいいか?ここにゴルフスイングの秘密があるということになります。

 

Sponsored Links

ヒールから地面に入れるためには

ヒールから地面に設置させるとはどういう意味か?

これを極端に考えれば、めちゃくちゃクラブのトゥ側を上げて構えればいいことになります。

ちょっとぎこちないイメージですが、茶色の横線は地面で、青はアドレスしている姿勢で、黒いのがクラブです。

地面にはちょうどヒールだけが接していて、トゥは上を向いています。

このように振れば、地面には必ずヒールから接触するはずです。

ヒールから地面に接すれば、良いボールが出るかどうかは分かりません。あくまでも地面との関係だけで考えています。

ヒールで地面をこするようにスイングしてみる

ヒールが地面に接するようにスイングして見ます。これはゆっくり行います。この実験は、果たしてそういう風に振るとどんな感じなのかを試すことで、今までのスイングとの違いを体感します。

すると、不思議なことに、グリップの位置がめちゃくちゃ低くなります。

そして、ボールとの距離が遠くなります。

こんなにボールから離れていいのかって不安になるくらい離れます。

これだけグリップが低くなっていたら、トゥからは地面に接することができません。

 

Sponsored Links

グリップが浮くのは悪い?

よく、スイング中にグリップが浮くのは悪いことだって言うのを聞いたことがありませんか?

その理由は、ヒールから地面に接することができるように構えるにはグリップの位置がめちゃくちゃ低くなるってことと関係していることがわかります。

グリップの位置が低くないと、逆にトゥが地面をこするようになります。

もしクラブのトゥを上げて構えていなければ、少しグリップが上に浮いただけで、トゥが地面に接してしまいます。

こうなると、きれいなターフが取れなくなり、良いスイングではなくなるため、グリップが浮くのは悪いっていうことになるのだと思います。

まとめ

きれいなターフを取るという観点からスイングを追いかけると、地面にヒールから接していくことが絶対条件だということがわかりました。で、そのためには、ヒールから着地するように、クラブを振っていく必要があります。

その大きな要因が、ボールと体の距離とグリップの高さだと思います。ボールと体の距離が近すぎると、グリップを低く構えることができません。

そしてグリップが構えたときよりも高い位置に浮くと、トゥが地面につきやすくなり、きれいなターフが取れなくなってしまいます。

きれいなターフを取るためには、ボールとの距離とグリップの高さを維持することに注意すること。これが私のターフ実験の結論の一つです。

続きはまた次回に。チャオ!(*^_^*)!

Sponsored Links