ゴルフ 土削り練習でスイングをしながら自分だけのボール位置が分かる!



土の上で削り跡を知る

『・リリースの意識を変えればダフりは減るかも。』の続きです。

リリースを意図的にしないことを自分のスイングのルールにしたら、きっとスイングが安定すると思います。でターフを取るための理屈は分かったとしても、それをどう活かせばいいのか?

おすすめの練習方法があります。

土の上でアイアンを素振りしてみることです。地面を削るように素振りします。そうすると土を削る位置がだんだんと一定してくるのが分かると思います。

土の上に線を引いて、その線を削るように打っていきます。

力んだりしてリリースをしようと意識してスイングすると、削り跡はバラバラになってしまいます。リリースを意識せずにリストの角度を維持できればいいなぁくらいの気持ちでスイングすると、削り跡はそろってきます。

 

Sponsored Links

ターフの理想

上記の図を見ていただくと分かりますが、茶色の縦線が土の上に引いた線です。そこにスイングの方向にむかって素振りしていきます。線の上にヘッドが落ちるようにスイングしていきます。黒い丸がターフです。一応ターフは丸く印していますが、実際はこんな形にはなりませんのであしからず。

ターフの跡は、一番上のように削れるのが理想です。真ん中は、左にずれているのでトップになりがちです。一番下は手前から入っていますから、ダフリです。

どのターフもヒールから入っていかなくてはなりません。トゥから入ったのでは一番上の理想のターフ跡(線の左側にターフが取れている)でも失敗です。

トゥから入ったのかヒールから入ったのか、削り跡を見てもわからない時は、クラブヘッドを見ると分かります。トゥから入った場合、トゥ側に土がいっぱいついています。深くターフをとればとるほど、こんもりとトゥ寄りに土がくっつきます。

逆にヒールから入った場合、トゥ側には驚くほど土がつきません。

この練習方法でボール位置が分かる!

自分のスイングの最下点が分かります。最下点が分かるということは、ボールの位置が分かります。なぜなら、削り跡の直前にボールを置けばいいからです。

その直前の位置にボールがおいてあれば、ナイスショットになるのは道理です。しかしあくまでもヒールからヘッドが降りてきてターフが取れた場合に限りますが。

ボールの位置が分かるということは、めちゃくちゃメリットです。

極端な話、実戦でも、素振りしてダフったところの直前にボールが来るように構えればナイスショットになるわけですから。

Sponsored Links

この練習のデメリット

この練習にはデメリットもあります。まず土の上を探すことが難しいです。田舎の畑とか田んぼならまったく悩まないのですが、都会や団地など、限られたところにしか土がない場合この練習はできません。

自宅の庭に土の場所があってやる場合にも、穴ぼこがたくさん開いてしまいます。穴ぼこがあくくらいに土も飛びますから、土が飛んで庭が汚れてしまったり、うっかり洗濯物にかかってしまったら大目玉です。

あとはクラブが消耗しやすいというデメリットもあります。さすがに土を削るために素振りをするので、その分ソールが痛みます。

といってもアイアンは鉄でできてるので、そんなに簡単に摩耗しませんが。それでも新品のクラブを買ったばかりであるとか、少し気が引けます。

まとめ

ターフが取れる理屈が分かっても、どうやってスイングに活かしていけばいいのか?そんな疑問を解消するためには土を削る素振りをするのがおススメです。

削る場所が一定になるようにスイングを練習していきます。

だんだんと削り跡が揃ってきたら、ボールの置く場所も自然に決まってきます。ターフが取れる場所の直前にボールを置けばいいわけですから。

土を削るというボールを打たない練習ですが、いかがでしょうか?

 

追伸

ゴルフが好きで、考えたことを自由気ままに書いています。ターフの削り跡実験から始まってここに至ります。

ゴルフって考えているだけで楽しいですね。実験しながら自分で考えて、いろいろな発見を楽しみながらゴルフをするのが好きなのだと思いました。

あなたのゴルフライフが楽しく実りあるものでありますように!(*^_^*)!

Sponsored Links