ゴルフのグリップはロングサムとショートサム、どっちが良いの?



グリップへの悩み

ゴルフでターフをどうしたらきれいに取れるかを考えてみた』のターフの取り方から行きついた結論の一つにグリップがあります。グリップと言っても、インターロッキングとかオーバーラッピングとかフックグリップとかスクエアグリップとかとは違った視点です。

左手の親指をどうするかです。

???が並ぶと思います。

親指なんて大勢に影響ないだろうって思う人は多いと思います。

しかし、どんなゴルフ理論の中にも、この親指を伸ばして握るロングサムか、それとも親指を縮めて握るショートサムかが論じられています。ちなみにサムはthumbで親指の意味です。

たいていはショートサムを勧める記事が多いと思います。

かの偉大なゴルファー、ベン・ホーガンもモダンゴルフに書いています。ベン・ホーガン自身は最初ロングサムで握っていたけれどもショートサムに変えたことを書いています。

 

Sponsored Links

ロングサムとショートサムはどちらがいいのか?

当初の自分は、参考書に書いてあるとおりショートサムにしていました。その理由の一つは、ロングサムにすると、親指が痛いって話を聞いたからです。確かに左手の親指を丸ごと右手で握りこむわけですから左手の親指は痛めやすいかなって思います。

また、左手の親指の上から握る右手も握りにくいかなって思ったのも影響しています。

ショートサムにすることにそれほど迷いはなかったんです。ま、みんながそう言うならショートサムでいいんじゃない、って軽い気持ちでした。

ロングサムを見直すきっかけ

そんなあるとき、尊敬するジャンボ尾崎プロのグリップを見ると、右手の親指と人差し指の隙間から左手の親指が見えるのです。どう見てもロングサムにしています。全く意外でした。もともとプロ野球のピッチャーだったジャンボ尾崎プロの右腕はめちゃくちゃ強いはずです。

左手の親指の気持ちたるや同情してしまうくらいです。”細部にまで研究熱心なジャンボさんがロングサムにしている”そう考えただけで俄然ロングサムに興味が湧きました。

Sponsored Links

ショートサムのメリット

そこで自分なりにロングサムとショートサムについて考えてみました。

ロングサムよりもショートサムが良いという理由の一つに、トップでのヘッドの垂れ下がり(オーバースイング)があると言われます。親指が縮めていた方が、ヘッドが地面と平行の位置より垂れ下がらないってことです。

しかし、そもそも、オーバースイングの理由は、グリップだけが問題ではありません。極端な話、トップをコンパクトにするだけでも防ぐことができます。

ロングサムにした理由

この考えの基盤になったのは、ターフの話です。『ゴルフ ダウンブロー 草鞋のようなターフ ベンホーガンの土の中の秘密は?』でも書きましたが、ターフはクラブが地面にヒールから接地していかないといけないというのが自分の結論としてありました。

ロングサムとショートサムの最大の違いを分析した結果、左とクラブの角度であると結論しました。

下の下手なイラストをご覧ください。

クラブをショートサムで握った時よりも、ロングサムで握ったほうが、幾分この角度が小さくなります。

この角度が小さくなるという単純な事実は、ヘッドに目を向けると、ロングサムの方がヘッドのトゥ側が上向くことにつながります。

ということは、ヒールが地面に付きやすくなるということです。

まとめ

ロングサムとショートサムがどちらがいいのかについて書きました。ショートサムとロングサムの大きな違いは、グリップとシャフトの作る角度であると考えました。

そして、ターフ実験の結論から理屈(屁理屈?)をつらつらと積み上げていった結果、ヒールが地面に付きやすいという一点を重視した結果ロングサムとすることにしました。

他にもいろいろな違いがあると言われていますが、あふれる情報の中から自分が何を選択するのかが重要なのだと思います。

私はターフがどうしたらきれいに取れるか?これを今は追っていきます。

Sponsored Links