初心者が位取りを隙を作らずに組む方法について考えてみた!



初心者が囲い方を決めるために必要なこと

将棋を始めたばかりの人にとって王様の囲い方は悩みどころです。

一口に囲い方と言ってもいろいろあります。まずは、囲い方を選ぶ前に自分の立ち位置を決めておく必要があります。

まずは居飛車か振り飛車か、次に急戦か持久戦か、少なくてもこの二つを決めておくと囲い方は自然に決まってきます。

囲い方どころか守り方を知りたいよって方は『将棋の駒組の基本を知る。初心者が覚えるべき最低限の守り方とは。』の記事からお読みいただければと思います。

 

Sponsored Links

隙を作らないのが大事

位取りについて前回の記事『将棋の初心者が位取りを指すときに注意することとは?』に書きました。

位取りの中でも種類がいくつかありますが、7筋(後手なら3筋)に位をとる玉頭位取りの将棋を紹介しましたが、非常に難易度の高い囲い方です。

個人的には、左美濃や穴熊に比べてとても難しいと感じます。何が難しいかと言えば、囲いが不十分な時に攻め込まれてしまって負けてしまうことが多いからです。

なので隙を作らないように組むのが大事です。

玉頭位取りの将棋は、慣れないと難しいですが、勘所を掴むことができればこれほど優秀な戦法もないと思います。

前回に続いて玉頭位取りを取り上げますが、前回よりも実戦的な玉頭位取りについてご紹介したいと思います。

実践的な位取りの陣形

結論から言えば、この形を目指します。

前回紹介した下図の玉頭位取りと比較してみてください。

玉の位置が違います。玉の位置が浅いか深いかしかありません。実はこれがすごい違いです。その違いは組む手順に現れます。

 

Sponsored Links

組むまでが大事!

この基本図から始まります。

次に

次に

次に

歩を突いて金を上がっただけですが、陣形が安定していると感じませんか?この瞬間急戦を仕掛けられても大きな被害は生じなさそうです。

実践的な玉頭位取りの完成

こんな感じで進めてきて陣形がほぼほぼ完成しました。

上図まで組めたらもう峠は過ぎました。ここから攻めていってもいいですし、もっと守りに手をかけても自由です。

仮に持久戦を目指していくなら、8筋の歩を突いていき、角を上げると下図のようになります。

この形まで組めたらもう立派です。もう少し整備するかどうかも選択肢としてあります。玉を寄って金を寄って、下図の理想形を目指すも良しです。

玉頭位取りを指す上で、重要なのは、『組むまで』です。この組むまでの間に試練が多い気がします。その試練を乗り越えたあと幸せが待っています。

まとめ

玉頭位取りの囲い方について書いてきました。前回の記事『将棋の初心者が位取りを指すときに注意することとは?』でも書きましたが、玉頭位取りは歴史ある優秀な戦法です。ただ最近は指す人が少なくて、下火になっていますが、決して悪い戦法だからというわけではありません。

組むまでの手順が難しいからというのが一番の理由である気がします。

裏を返すと、組むまでの手順を研究し尽くせば鬼に金棒の戦法となることもあり得ます。

 

あなたの将棋ライフが楽しく実りあるものでありますように!(*^_^*)!

Sponsored Links