将棋の初心者が振り飛車を指すなら最低限の守備陣形を覚えるべき!



将棋初心者の駒組のはじめのはじめ

将棋の駒組の基本を知る。初心者が覚えるべき最低限の守り方とは。』の記事において、どうやって将棋の手を進めていったらいいかわからないって方に向けて、まずは飛車の位置を決めましょうという話をしました。

将棋において、飛車の位置を決めることが大きな意味を持つことが最初のうちは分かりません。

将棋の指し方で一番多いのは、角筋を通すか飛車先を伸ばすか、この二つが大きな選択肢です。他に特殊なのはありますが少数です。

多くの人はその二つを見様見真似で漠然と指していると思います。初手に飛車先の歩を伸ばす人は、この時点で大きな選択をしています。

ほぼ100%居飛車で指すと明言しているのです。ほぼを付けたのは、特殊な場合も少数ですがあるからです。

まず最初に飛車をどこで使うのかを決めておく必要があるのです。それが駒組の第一歩です。

 

Sponsored Links

相手が居飛車で自分が振り飛車の場合の守備陣形

初心者の方に教えることがよくあります。その時に感じるのは振り飛車の多さです。それだけ振り飛車は人気のある戦法なのだなって感じます。

今回は相手が居飛車で自分が振り飛車の場合について、最低限の守りについて書きます。

と言っても、すっごく難しいことを書くつもりはありません。ほんとにすぐにでもできることです。覚える手順もたった2手です。

結論から言えば下図です。

わずか王様が2升移動しただけです。たったこれだけで守備力がめちゃくちゃ上がります。

二升移動したメリット:王手飛車回避

居玉(いぎょく:もともと居た場所に居ること)の場合、流れ弾に当たる可能性が高いです。

例えば王手飛車。王手飛車をかけられた瞬間、負けが決定してしまいます。局面はまだまだこれからって感じでも、精神的には心が折られてしまうのが王手飛車の威力です。

その目で上図を見てください。王手飛車をかけることができますか?

二升移動したメリット:金銀の気持ち

再掲しますが、この図を見て、金銀の立場に立ってみてください。

王様を守る金銀の立場からすると、王様は居玉でいるよりも、こちらにいる方が、守りやすいと感じていると思いませんか?

居玉でいたときは、金銀は王様の周りすべてを警護していなくてはなりませんでした。

しかし上図の金銀が守るべき方向は、左方向のみです。こちらからの侵入者を防げばいいことになりますよね。

守る立場からすれば、『この王様は守りやすくていいなぁー。部下のことを良く考えてくれてるなぁ』となります。

二升移動したメリット:角の攻撃を防ぐ

角を相手に持たれたときに、玉が歩を守っているという点も大きいです。

角交換して相手にいきなり馬を作られるってことに悩んでいる方もいますが、たった2手王様が移動するだけで、右半分の歩が取られないように玉が守る形を作ることができます。一石二鳥です。

 

上部からの超急戦に対する守備陣形

こちらはあまり見ない図ですが、たった2手の守備で言うなら有効です。

金が上がって玉が寄る。たった2手ですが、先ほどの2手の守備との違いは、上部を意識していることです。

真ん中から相手が超急戦で攻めてきたときに、王様を守る時有効です。

金の位置に銀が来ると、右側に壁ができてしまって逃げられません。金をまっすぐ上がった効果で王様を右側に逃げることができます。

この備えは、超急戦で来られた時に力を発揮しますが、主なデメリットが2つあります。

ひとつは持久戦になった時、ここからさらに強い美濃囲いを目指す時にスムーズに囲いづらいということです。

もうひとつは角成を防げない場所が右辺に一か所あるってことです。桂馬の二升前の歩(2七の地点)です。ここに成り込まれないように注意が必要です。

 

Sponsored Links

まとめ

振り飛車を指す上で、最低限の守りについて書きました。

たった2手で完成する守りですが、2手以上の価値があります。そのくらい守備力が増強します。

2つの守備の陣形を紹介しましたが、どちらを使うかは相手の出方によります。

おすすめは前者の陣形です。後者は使う場面が限られてくると思います。前者はこの後に紹介する、美濃囲いなどのより堅固な陣形に移行しやすいからです。

たった2手、王様にかけてみてください。まったく手をかけなくているよりも結果は大きく変わってくると思います。

あなたの将棋ライフが楽しく実りあるものでありますように!(*^_^*)!

Sponsored Links