振り飛車が守りの理想形である銀冠に組めたら簡単には負けないぞ!



もっと長期戦にする場合

将棋を初めて間もない人は、王様の囲い方が分からないって人が多いです。

相手が居飛車で、自分が振り飛車の場合の将棋について書いています。『振り飛車を指すなら守備力抜群の美濃囲いから覚えるべし!』の続きです。

王様をしっかり囲うだけで簡単に負けなくなるのですが、相手がだんだん強くなるにつれて、囲いの力もより強いものを求められます。

美濃囲いに王様を囲っておけば大概の攻めはしのぐことができます。しかし、美濃囲いからさらに持久戦を目指す場合の囲いも紹介したいと思います。

振り飛車は、居飛車の攻めを待って、倍返しの反撃を狙うのが常道という話を書きました。

美濃囲いはただでさえ堅いのに、放っておいたらもっと堅くなっちゃうよっていうプレッシャーを相手に与えます。

相手が攻めなくてはいけないという焦りの状況を作るのです。

まさしく孫子の兵法で言うところの、相手の心を攻めるですね。

 

Sponsored Links

高美濃囲いへの変化

前回紹介した美濃囲いは、下図のような形でした。

この形でも十分堅いです。相手が横から攻めてくるならば、この囲いが一番堅いと思います。むしろこの形のまま戦いを始めたいくらいです。

ただ、相手の陣形に隙が無い場合や、相手が攻めてこない場合には、振り飛車側としても持久戦にせざるを得ません。

この時、振り飛車側には陣形をより強力にする余地が多くあります。

高美濃囲いへの変化

まずは高美濃囲いに変化していきます。

それが下図です。

この囲いの長所は、玉が上部にも手厚いことです。横からの攻めに対しての守備力は高美濃囲いに組む前の陣形の方が強いと思います。

しかし高美濃囲いの良さは、相手の攻めが中央から来た場合に、威力を発揮します。

また高美濃囲いに組むくらいになると、相手もそれ相応の陣形に整備しています。

となると相手は上部からも攻めてくるようになります。その時に、中央に手厚いだけでなく、こちらから攻め込むこともできるようにできるのが長所です。

それが下図です。

この形は、高美濃囲いに桂馬を跳ねて攻撃力を増したところです。実際に桂馬は守りに使う駒ですが、上部の戦いになった時にとても威力を発揮します。

守り駒だった桂馬が中央に跳ね出したときに、強力な攻め駒となるのです。

 

Sponsored Links

銀冠への変化

高美濃囲いからさらに持久戦を目指すと、下図の銀冠(ぎんかんむり)になります。

銀冠の強さは、見るからに上部に厚みを持っているところです。持久戦になればなるほど、玉の上部から戦いになることがあります。その時、銀冠が強さを発揮します。

先ほど、桂馬を跳ねた高美濃囲いを紹介しましたが、そこから銀冠に移行すると下図のようになります。

この場合、桂馬を跳ねた手が、中央への攻め味だけでなく、玉頭の攻め味にもつながっています。

 

端の弱点が消える

高美濃囲いで桂馬が跳ねた陣形は、見るからに端が弱いです。

このように美濃囲いは横からの攻めに対しては無類の強さを発揮する反面、端からの攻めには弱いです。

端は上部に王様が逃げ出すための脱出口の意味がありました。その端が美濃囲い最大の弱点であると言えます。

美濃囲いの名前のルーツは、戦国時代の難攻不落の城である稲葉山城にあると言われます。稲葉山城は斎藤道三の居城であり、美濃国(現在の岐阜県)にありました。

この城は、道三亡き後、落城しますが、搦め手(逃げ道)からの攻めが原因でした。

そんな歴史上の弱点も引き継いでいるところに面白さを感じます。

さて、実際に高美濃囲いから銀冠に変化すると、その端の弱点が消えています。銀が守りについているためです。

銀冠は、美濃囲いから始まる振り飛車にとって、最終的な理想形となります。

まとめ

振り飛車の囲いについて美濃囲いから高美濃囲い、そして最終的な形である銀冠について書いてきました。

振り飛車は、持久戦になればなるほど、囲いが変化していくので、どのタイミングで戦闘になるのかによって、玉の守備力が変わってくることになります。

相手と自分の陣形を見比べながら、どのタイミングで仕掛けるかを虎視眈々と狙う将棋になります。

ライバルにいつも攻め切られてしまうと悩んでいる方は、銀冠に組み上がるまで、相手の出方を慎重に待つことに集中してみたらいかがでしょうか?

銀冠まで無事に組むことができれば、簡単に負けることはありません。

 

あなたの将棋ライフが楽しく実りあるものでありますように!(*^_^*)!

Sponsored Links