飛距離を伸ばすためにゴルフのグローブについて考えてみた



ゴルフの飛ばしとグローブ

ゴルフの醍醐味には飛ばしがあります。飛距離を出せば、相当なアドバンテージが得られます。

もちろん飛距離よりも、ゴルフでは正確性が大事です。スコアに直結するのは、300ヤード飛ばす飛距離よりも、1メートルのパットを確実に沈められる力です。

ゴルフ界のレジェンドであるジャンボ尾崎プロが強かったのは、最長の飛距離を武器にするとともに、小技にも長けていたからです。

ただ、そうは思っていても飛ばしたいと思う気持ちは本能でしょうかね。

もし今のスイングを変えることなく、ただ道具を変えるだけで飛距離が伸びるとしたらどう感じますか?

例えば道具と言えば、ドライバーを変えるというのが一番最初に思い浮かぶと思いますが、ドライバーでは選ぶクラブによってはミスが増えてしまい本末転倒です。

今回私が注目したのはグローブです。

ゴルフグローブは、何でも同じだと思う人もいると思います。

実は私もです。私は、最初工事現場で使う手袋でも十分だと思っていました。すぐに親指のところが破れてしまうため、頑丈なグローブがいいなって常々思っていた時に、ふとワークマンのグローブを見ていて・・・ってそんなこともあったんです。

ま、この話は置いといて、飛ばす人の中にはグローブにこだわる人がいるということが、今回の話のメインです。

 

Sponsored Links

ゴルフグローブをオーダーメイド 有川革嚢工業

いきなりですが、こちらの有川革嚢工業さんのゴルフグローブです。ツイッターの記事を掲載しました。

 

なぜ、この有川革嚢工業さんのグローブについて注目したかと言いますと、このお店のホームページのユーザーレビューを見ると、ドラコンの選手をはじめとして、飛ばしにこだわる人がたくさん注文されているからです。

グローブで飛距離が伸びたということが、レビューから伝わってきます。

確かに、グリップがクラブと体をつなぐ唯一の接点です。そのグリップはグローブの影響を受けるのも当然といえば当然です。

今まで私には盲点だったと思います。

 

飛距離以外のニーズ

中には、自分の手の形状から、市販のグローブではしっくりこなくて注文する方もおられます。例えば指が短く掌が大きい方ですね。

あとは、女性のレビューで、自分の手の大きさが女性の中では大きくて、レディース用で合うものがなく、男性用では大きすぎるといった悩みから注文されています。

私も実は、掌が分厚く指が短くて、市販のグローブだと、掌的には26サイズが良いのですが、指が少しダブつく感じがしてしまいます。

有川革嚢工業さんのグローブの注文は、最初、専用の用紙が送られてきて、これに掌のサイズを書いて返送し、それから制作して2週間くらいして届くというシステムとのこと。

自分だけのサイズで作るグローブですから、ほんとに世界に一つだけのオリジナルですよね。

 

Sponsored Links

物を大事にする姿勢

この有川革嚢工業さんのグローブに対する思いが凄くいいなって思うのは、修理を受け付けているところです。

いままでたくさんグローブを使ってきましたが、部分的にボロボロになってしまって捨ててしまうってケースが多かったです。そのたびに、まだ使えるところは多いのに・・・ってもったいないなって思っていました。

グローブって使い続けていると、なんかいい感じに馴染んできます。

愛着もわいてきますので、買い替えるときには、少し躊躇します。

おろしたての新品のグローブが好きって人もいるかもしれませんが、私は、あの新品の状態の手の違和感が好きではないです。

自分のグローブになったのを感じるまでには時間がかかります。

なので手袋は、使い捨てではなくて、せっかく手になじんだものだからこそ、修理してずっと使い続けていきたいって思うんです。

最初から補強して作る

ホームページにも書かれていましたが、一番破れやすい場所は、掌と親指とのことです。私も実は親指が一番最初に破れます。不思議なくらいにいつも一緒なんです。

親指のところが破れてもまだ使い続けたいという思いから、フェルトを当てて縫って使ってたこともあります。つぎはぎが何ともぎこちないですが、意外と素人にしては上出来だなって思っていたこともあります。

貧乏くさいって思われるかもしれませんが、せっかく馴染んでくれたんですからね(笑)。

有川革嚢工業さんでは、初めから破れやすいところが分かっていればあらかじめ補強してつくることも可能とのこと。

 

まとめ

ゴルフの飛ばしについて考えていたら、ゴルフグローブに行き着いたという話です。

自分ではそれほどグローブが変わったからと言って、飛ばしに影響があるとは思えません。しかし、ドラコン選手がこの有川革嚢工業さんのグローブを使用して高評価であることから、すごく興味を持ちました。

始めは飛ばしでしたが、有川革嚢工業さんのホームページを見ていると、とても物を大事にする姿勢を感じます。

オーダーしようかどうか悩んでいる今日この頃です。

 

ゴルフは道具に対する迷いもありますが、これも見方を変えれば楽しみの一つですね。

道具との一期一会、道具を作る人との一期一会。

あなたのゴルフライフが楽しく実りあるものでありますように!(*^_^*)!

Sponsored Links