ゴルフ初心者必見!アームチェッカーを使って両腕と肩で三角形を作る時気を付けること。



両腕と肩で作る三角形

芝生をブラッシュして分かる無意識のスイング軌道とは?』からの続きです。

芝生をブラッシュする場合に、どんなことに気を付けなくてはならないか?

私の最初のバイブルでもあるアメリカ打法教典の中でも、繰り返し述べられているので、ものすごく大事なんだなって思うのは、両腕と肩で作る三角形をキープすることです。

この両腕と肩でつくる三角形が維持できているかどうかは、やってみると結構難しいです。

例えば、適当にクラブを握って、まったく意識せずにやると、三角形は維持できません。

三角形を維持するコツは、両肘の間隔を一定に保つことです。

そうは分かっていても難しいです。

 

Sponsored Links

両腕の三角形を矯正する道具

矯正するために下記のようなグッズもあるくらいです。

Yontree スイング矯正 ゴルフ練習器具 ゴルフ初心者適応 アームチェッカー

私も実は、メーカーは違いますが同じようなものを持っていて、しばらくの間練習したことがあります。

確かに、両肘の間隔を常に一定に保つことは大事だなって思います。

両肘の間隔が広くなりすぎると、クラブの軌道が一定しなくなります。

アメリカ打法教典、p72から引用 ボブ・トスキ、金田武明著

アメリカ打法教典の中では、非常に詳しくスイング練習方法として効果的であると書かれています。

両腕の三角形の維持とアプローチ

アームチェッカー(スイングルーバーと本の中では読んでいる)を実際に使って練習してみて、その効果は特にアプローチの時に発揮します。

いかに三角形を維持してスイングすることが難しいかに気づきます。

アームチェッカーを使わなくても、三角形を維持できていると思っていました。しかし、実際にやってみると全く違うことに気づきます。

アームチェッカーを使用した場合、三角形が崩れているのが良く分かるのです。そのくらい窮屈な感じがします。

三角形を維持して打てるようになると安定感を感じます。というのは、腕を個別に振っているのではなく、三角形そのものを動かしている感じがするのです。

Sponsored Links

勘違いな体験談

フルスイングをしようとすると、この三角形は崩れます。

これ当然の理屈ですが、私はフルスイングも三角形を追い求めていました。

ほんとにおバカだと笑っていただいてけっこうです。真面目に、三角形を維持しようと練習していたのですから。笑

理由は単純で、三角形は終始維持するのがベターなのではないかって思ったのです。

でも、ある程度続けた後、これが不可能であることに気づきました。

想像してみてください。三角形を維持してスイングしている姿を。

人間の体は、三角形を維持してフルスイングできるようにはできていません。

当たり前のことですが・・・(-_-;)

三角形を維持するのは途中までで良いということです。

 

三角形を維持できる範囲

途中と言っても、三角形を維持できる範囲は、時計の文字盤で言えば、バックスイングが8時の位置までだと思います。

この位置を超えると、三角形を維持するのは困難です。

体が固い人はほんとに無理です。

三角形を維持しつつ、打てる範囲でボールを打つのが良いと思います。強引にやると、背中と首を痛めます。(痛めた張本人)

なので、三角形を維持して打つのはアプローチの範囲内になると思います。

この練習をすると、基本が身に付くと思います。短い距離のアプローチを正確に丁寧に打つ練習にもなると思うので、ぜひ練習することをおススメします。

まとめ

ゴルフを始めたばかりの人は、何から練習したらいいのか?これについて、ドリルを一つ紹介しました。

自分がやってみて効果がある練習方法です。アプローチだけではなく、スイングの基礎作りにも役立つと思います。

両腕と肩で作る三角形を維持しつつ、芝生の上をブラッシュする練習方法と組み合わせれば、効果的だと思います。

とても手軽なのでぜひ試してみることをおススメします!

追伸

スコア170から始まったゴルフ。そのゴルフが今では生涯の趣味となるくらいになっています。10年以上続くとはこの時には思ってもみなかったです。

自分がどうやって曲がりなりにもスコア100を切れるようになったのか、その軌跡を振り返って記すことにしました。

もしどんなに本や動画を見てもゴルフが上達しなくて悩んでいるって人がいたら、こんなバカなことをやってる人もいるんだなと参考にしてみてください。私もめちゃくちゃ試行錯誤を繰り返して現在に至ります。

でも試行錯誤自体がゴルフの楽しみであったのかとも今となっては思います。

Sponsored Links