すくい打ちはダメで、ダウンブローで上から打ってもボールが上に飛ぶ理屈とは?



ダウンブローで上から打ってるのにどうして飛ぶの?

アイアンヘッドがボールにどう当たるのか?その瞬間をイメージするのが重要!』の記事で、アイアンがボールに当たって、その後に地面に潜り込んでいくという話を書きました。

いわゆる『ダウンブロー』です

これが実は、ゴルフを始めたばかりの人には理解できない理屈だと思います。

上から打つのにボールは上がる???

なぜ?ってなりますよね。

上からボールを捉えたら、普通は、下にめり込みます。上から杭を打ち込むのと同じ理屈です。

しかし、ゴルフの場合、上から打つとボールは上がります。すごく逆説的です。

ボールをすくうように打つからボールが上に飛んでいくのだと言われればその通りって思いますが、その逆なのですから不思議です。

 

Sponsored Links

ボールをすくって打つことの弊害 ダフリ

ゴルフボールを打つときに、すくうように打つと間違いなく地面にヘッドが落っこちてからボールに当たります。

これを専門用語でダフリと言います(笑。

別に専門用語でもないですが、ゴルフではよくダフったって言いますが、これって地面に当たってからボールを打つことを意味します。

土を飛ばしたらダフってると思うかもしれませんが、ボールを打つ前に土を打つことがダフリです。

すくって打ったときの弊害の一番は、このダフリです。ダフることにより、ボールは飛ばなくなってしまいます。

仮に飛んでも、ダフった反動でフェースの向きも変りますから、当然方向性も悪くなります。

実際にダフってみると分かりますが、ボールはほとんど飛びません。

ボールをすくって打つことの弊害 トップ

また、ダフリとは別にトップの弊害もあります。

トップは、ボールに当たる時、フェースのエッジの部分で打ってしまってゴロになります。

これもヘッドが先に地面に当たり、地面に跳ねかえされてエッジの部分(とがった歯の部分)がボールの横っ腹を直撃します。

サッカーで言うところのトゥキックです。

トゥキックをするとサッカーボールは勢いよく飛びますが、ゴルフも同じで勢いよく飛びます。

狙った場所に止まらないことが問題なのです。

飛距離が必要な時は、結果オーライもありますが、アプローチなどの短い距離でトップすると、めちゃくちゃ悲劇です。

グリーンをオーバーするだけならいいですが、その先のOB杭を超えていったらもはや事件です。

 

Sponsored Links

ダウンブローで上から打ってもボールが飛ぶ理屈

ずばり、上から打ってもボールが飛ぶ理屈は、ロフトの存在です。

アイアンにはロフトがついています。ピッチングウェッジでは大体48度から今どきのクラブは44度くらいのロフトがついています。

下の図をご覧ください。

地面にアイアンを垂直に立てたのが左側です。右側は、アイアンを斜めに、ちょうど上から打ち込んだ時のように傾けてみます。

青い矢印は、ボールの飛んでいく方向です。

単純にフェース面に対して直角に飛んでいくと仮定します。

すると、アイアンを斜めにしていても、ボールは上に飛んでいくことが分かると思います。

まとめ

ゴルフクラブをバットのようなイメージでとらえていると、ボールは地面にめり込んでいってしまいます。

でも、ロフトがあるおかげで、ボールはめり込まずに上に飛んでいってくれます。

ロフトがないとボールを上からは打ってもボールは上に飛んでいってくれないのです。

なので、ボールをパターで上から打っても、ボールは上に飛んでいってくれません。

ピッチングウェッジやサンドウェッジなど、ロフトのあるクラブの場合は、パターやロングアイアンとは別のアプローチが必要だと『スコア170からのゴルフ。ウェッジがなぜ必要なのか、体で知る!』で書いた理由は、こういうことだったのです。

ボールを上げたいと思うこと、これが進歩と成長の証なのだと振り返るとそう思います。

 

追伸

スコア170から始まったゴルフ。そのゴルフが今では生涯の趣味となるくらいになっています。10年以上続くとはこの時には思ってもみなかったです。

自分がどうやって曲がりなりにもスコア100を切れるようになったのか、その軌跡を振り返って記すことにしました。

もしどんなに本や動画を見てもゴルフが上達しなくて悩んでいるって人がいたら、こんなバカなことをやってる人もいるんだなと参考にしてみてください。私もめちゃくちゃ試行錯誤を繰り返して現在に至ります。

でも試行錯誤自体がゴルフの楽しみであったのかとも今となっては思います。

 

あなたのゴルフライフが楽しく実りあるものでありますように!(*^_^*)!

Sponsored Links