私がゴルフを始めたばかりの時、ロブショットを打ちたいって願いを叶えてくれた本。



アプローチの名手藤田寛之プロの本との出会い

アメリカ打法教典という最初のバイブルから、ピッチングウェッジで『チップ・オーバー・ザ・バッグ』の練習をするようになりました。

参考→『ゴルフ、『チップ・オーバー・ザ・バッグ』という練習方法とは?

不思議なもので、バイブルとはいえ、他の本の内容も気になると読んでしまいます。

特にアプローチということに特化して言うと、この藤田寛之プロの書かれた下記の本には相当影響を受けました。


DVD+BOOK 映像でかんたんマスター! 藤田寛之の超実戦アプローチ ~劇的スコア短縮法 (NHK出版DVD+BOOK)

 

 

Sponsored Links

付属のDVDが欲しかった!

この本の著者である藤田プロは、アプローチの名手中の名手です。

だからこの本を手に取ったのかと言われればそれもあるかもしれませんが、この本にはDVDが付録としてついていたのです。

当時、今よりインターネットのつながりはよくありませんから、動画など、見れたとしても途中で止まってしまったりします。

このDVDを見ることで、2次元の世界の本の情報から、一歩進んだ名手の動画を見てみたいという欲求の方が強かったです。

この本の素晴らしいのは、チャプター再生になっていて、動画で話した内容を詳しく文書でも書いてあるところです。

 

ロブショットの打ち方

一番印象に残ったのは、ロブショットの打ち方でした。

多分、ロブショットの打ち方を教わったのはこの本が最初でした。

アメリカ打法教典には、フェースを開いて打つということを書いているくだりがありましたが、それより内容が濃いです。

アドレスの仕方とグリップの仕方について書いてあって、この方法は、今でも自分が採用しているやり方です。

このやり方でボールを打つと、はじめてなのに簡単にロブショットが打てたのです。

その時の感動と言ったらありません。

 

Sponsored Links

ロブショットが打てた感動

私のブログをお読みいただいている方なら分かると思いますが、パター一本でボールを転がすことから始まったゴルフです。

ボールを上げることが苦手というよりも、捨ててかかっています。

それでもスコア170から再起を図り、おそらくスコア130の壁を狙うあたりから、ウェッジの必要性を感じるようになりました。

そんな私にとって、ロブショットなんて、分相応な技術です。

ぜいたくな技術です。

それなのに、こんなに簡単にロブショットが打ててしまうなんて・・・。( ;∀;)

禁断の果実であるロブショット

一度、手が届かないと諦めていたものを手にすると人はどうなるか・・・。

ハマるんだと思います。

今までゴロばかりの自分が、ボールを上げるロブショットという技術を手に入れました。

まさに一度手が届かないと諦めていた技術がこうも簡単に打てるとなれば、もはやロブショット三昧です。

それからの私は、ショートコースで上げる必要がないのにロブショットを多用するようになったのです。

 

痛い目を見る

不思議なことに、ロブショットが打てるときは、おもしろいほどに打てるんです。

でもある一定の時間がたつと、あれほど打てたのに打てなくなるんですよね。

どうして打てなくなってしまうのか?

トップやダフリが増えていき、ロブショットを打つのに自信がなくなっていきます。

『こんなはずじゃなかった。』

『あれほどうまく行っていたのに。』

いろいろな言葉が頭の中をよぎります。

 

ロブショットの功罪

ロブショットが成功したときの喜びは格別なものがあります。

高くボールが舞い上がり、ストンッと落ちて止まるボールが打てるとめちゃくちゃうれしいです。

しかし、ロブショットがもしミスったら・・・。

その時は目も当てられません。ダフリはその場にボールが残りますからまだいいです。

トップしたときは、はるかOB杭を超えていく可能性が大です。

ロブショットって考えてみると打つ場所は限りなく危険な場所です。

例えば、グリーンの奥からグリーンに向かって打つとします。その目の前にOB杭なんかが見えたりすると、その恐怖はいかばかりでしょうか。

 

まとめ

アメリカ打法教典をバイブルにしてピッチングウェッジの練習をしていたときの話です。

藤田寛之プロのアプローチに関する書籍との出会いにより大きな影響を受けました。

それはロブショットとの出会いです。

ロブショットは高嶺の花です。

その打ち方を教えてもらったことで、私の辞書にボールを高く上げるという選択肢が一瞬ではありますができました。

この話の続きは次回に持ち越します。チャオ!(*^_^*)

Sponsored Links