ボディターンとストロンググリップでアプローチを練習したあの頃



藤田寛之プロのアプローチを学ぶ!

私がゴルフを始めたばかりの時、ロブショットを打ちたいって願いを叶えてくれた本。』の記事で、藤田寛之プロの書かれた下記の本には相当影響を受けたという話を書きました。


DVD+BOOK 映像でかんたんマスター! 藤田寛之の超実戦アプローチ ~劇的スコア短縮法 (NHK出版DVD+BOOK)

この本は、アメリカ打法教典で、チップ・オーバー・ザ・バッグを練習していたころの自分にとって、ぴったりな本でした。

参考記事『ゴルフ、『チップ・オーバー・ザ・バッグ』という練習方法とは?

と言うのは、ピッチングウェッジを基本にした、一つの基準となるアプローチをマスターすることを教えていたからです。

アメリカ打法教典の挿絵で、具体的なイメージを掴んではいたのですが、やはり動画は素晴らしいですね。二次元では伝わらない、リズムが学べます。

そして、ボールに当たる音が学べるところが凄いところです。

 

Sponsored Links

ボディターンによるアプローチの練習

これまでのピッチングウェッジによるチップ・オーバー・ザ・バッグの練習方法に付け加える感じで、アプローチを練習しました。

藤田プロの本は、アプローチをする上での注意点が、細かく、わかりやすく書かれています。

この時めちゃくちゃアメリカ打法教典との違いを感じたのは、アメリカ打法教典では、肩と腕で作る三角形を意識してフルイメージでした。

一方、藤田プロのアプローチは、腕や手は何もせず、ただ体を左右にターンさせるというものです。

これが巷で流行っているボディターンと呼ばれるものか~!って少し感動しました。

ストロンググリップとの出会い

ボディターンで練習することにしました。

バイブルのアメリカ打法教典はどうした~~!と言われそうですが、実際にどう違うのか興味がありましたし、当時はやっていたボディターンについて知りたかったというのが大きいです。

あと、アメリカ打法教典ではわからなかったグリップの仕方についても考えました。

とりあえず藤田プロのように握ってみようと思ったのです。藤田プロの握り方は特徴があります。

左手の甲が真上を向いています。今までの自分には出会ったことがないグリップです。

というより、握り方などまったく意識していなかったのですから、これを機にまともに握ろうと思ったのです。

 

Sponsored Links

ストロンググリップの超違和感

ストロンググリップにして握るとめちゃくちゃ違和感がありました。慣れるまでに結構時間がかかりました。

最初のうちはシャンク、ダフリ、トップとあらゆるミスが多く出てしまい、グリップ合っていないのかな~って思いながらも続けていました。

今思い返せば、腕や手首を使っていたのだと思います。

ボディターンを実践できていなかったのが大きいです。

とにかく当時は、両腕や手首を使わないというのが難しく、どうしても使いたくなってしまう。そして実際に使ってしまう。

そんな悩みとの戦いでした。

 

慣れるまでの辛抱

最初のうちは慣れるまでの辛抱と思い、ずっとストロンググリップとボディターンを続けていました。

そしてようやくやっと、曲がりなりにもうまく行くようになりました。

ようやく苦労が報われた!!!

これなら何とかなりそうだって思えるレベルになってきたんです(かなり低いですが。)

ピッチングウェッジのアプローチも自分の中での合格点に達するようになりました。

アプローチがうまく行くようになると、次のステップはアイアンのフルショットになります。

私は7番アイアンでフルショットを練習しようと考えるようになります。

まとめ

今思うと、フルスイングの練習を7番アイアンでしようと思ったのは、もうアプローチはうんざりだって思いもあったのだと思います。

飛ばしたいって思いがもたげてきたのもその理由です。

周りでは、7番アイアンで150ヤード飛ばすっていうのが一つの基準みたいに言われていたので、これだけピッチングウェッジで基礎を固めてきたのだから、7番アイアンが打てないわけがない!

そんな気持ちでした。

追伸

スコア170から始まったゴルフ。そのゴルフが今では生涯の趣味となるくらいになっています。10年以上続くとはこの時には思ってもみなかったです。

自分がどうやって曲がりなりにもスコア100を切れるようになったのか、その軌跡を振り返って記すことにしました。

もしどんなに本や動画を見てもゴルフが上達しなくて悩んでいるって人がいたら、こんなバカなことをやってる人もいるんだなと参考にしてみてください。私もめちゃくちゃ試行錯誤を繰り返して現在に至ります。

でも試行錯誤自体がゴルフの楽しみであったのかとも今となっては思います。

 

あなたのゴルフライフが楽しく実りあるものでありますように!(*^_^*)!

Sponsored Links