名手のパターはグリーン上でもパンチショット。打感も気分も最高!



青木功モデルのキャッシュインパター

ついに青木功プロのモデルであるキャッシュインパターを手に入れました!

かつて、10年前に中古ショップで転がしてその打感に感動したことを書きました。

参考記事:『パットの名手と言えば青木功プロ。パターの名手に憧れて探したキャッシュインパター。

その時のモデルとは少し異なるのですが、ソール部分に『青木功』の直筆のサインが彫り込まれているパターです。

中古ショップで偶然見つけて、おもわず買ってしまいました。

衝動買いでした。

車の中で喜びの雄たけびを上げました。

 

Sponsored Links

打感を堪能する

およそ10年ぶりに打つわけですが、その打感たるや素晴らしいものがあります。

今までL字パターを打ち慣れたせいか、構えた時には違和感があります。

センターシャフトのパターを打つような感じに近いですね。

打ち方も、ストロークして打つというよりは、ヒッティングするような感じです。

上からコツンって打つようにすると、思いのほか気持ちよく転がってくれます。

トゥを立てて、打つのが何となく『青木功プロらしい』イメージがありますよね。

ヒール部分を地面につけてトゥを浮かせる独特のアドレスを無意識にしてしまいます。

 

キャッシュインパターの特徴

自宅のマットでちょっと打ってみました。ご覧ください。

動画を見ていただくと分かりますが、ボールを上から叩くように打ちます。構え方もトゥを上げてヒールを地面につけるようにします。

上からコツンっと打ちます。

ボールは弾かれて転がっていきます。

慣れるまではなかなカップに入りませんが、コツをつかむとそんなに難しくもありません。

とても素直に転がってくれます。

打った感触としては申し分ありません。打感が気持ちいいです。

ヘッドだけでなく、シャフトのしなり具合も絶妙です。

手に伝わってくる軽く痺れる感じが心地よいです。

 

Sponsored Links

どんな人に向いているか?

先ほども書きましたが、このパターは、ストロークで打つ人には合わないと思います。

上からコツンって打つ方が合っていると思います。

青木功プロを想像してしまうので、そう思ってしまう分もありますが・・・。

何といっても、グリーン上でパターを使ってパンチショットするように打つのが似合っています。

今の流行りのパターのように、感性モーメントが大きく、ストロークで打つパターとははっきりと一線を隔しています。

流行りのパターではあまり結果が出ないという人は、一度試してみると視界が開けるかもしれません。

 

青木功プロのパッティング

参考までに青木功プロのパットも載せておきます。

やっぱりこんな感じで打つのが名手のパターらしくていいと思います。(*^_^*)

本当にこんなに入ったら、最高ですね!

Sponsored Links