ショートアイアンのフックに悩む。その原因はグリップ?



ショートアイアンのフックに悩む

ショートアイアンのフックが止まらない。そんな自分を救ってくれたのはベン・ホーガンでした。

ショートアイアンのフック。何となくスライスよりも良いと以前は憧れの対象でした。

ピッチングウェッジでフックが出るようになると、最初のうちはそれはそれで嬉しかったです。

スライスって風に弱いボールで飛距離も飛ばないけれど、フックボールは風に強いし、飛距離も出ます。

フックとドローは親戚のようなものだって考えている自分がいました。

しかし、度を過ぎたフックに、悩むようになりました。

 

Sponsored Links

フックの原因を探る

フックする原因は何か?

自分なりに自問自答しました。

一つ気になるのは、ミドルアイアンのショットです。ミドルアイアンのショットは、最初スライスでした。

なので、ミドルアイアンでもフックを打ちたいと考えていたのです。

するとただでさえショートアイアンに比べてつかまりにくいミドルアイアンです。

それがフックするようになるということは、ショートアイアンにすれば、余計にボールがフックするようになって当たり前です。

フェース面はまっすぐに?

2つ目に気になったのは、大きく右を向かないとボールが狙ったところに行ってくれない、ということでした。

フェースがボールにまっすぐに当たれば、ボールはまっすぐに飛んでいくはずだと考えていました。

ボールが左に曲がるということは、当たった瞬間、フェースが左を向きすぎているからだと考えました。

ゴルフ クラブのフェース面を変えないで打つスイングは正しい?』でも書きましたが、この当時は、とにかくフェース面が閉じないように打とうとしていました。

しかしこの考えは、元々のゴルフクラブの構造にも悩みを及ぼしました。

関連記事→『ゴルフクラブの構造からボールを飛ばせる理由を考える。2本のバットで打つということ。

 

Sponsored Links

ベン・ホーガンとの出会い

途方に暮れていた私は、同じようにフックに悩んだ人がいることを知ります。

しかもその人は、ゴルフの伝説でもあります。

ベン・ホーガンです。

ベン・ホーガンの本、モダンゴルフを手にするまでは、私はゴルフの連続写真とか動画でしかありませんでした。

動画で見るベン・ホーガンのスイングはいかにもフックを打ちそうな感じのスイングだと思っていました。

しかし、彼はフックが大嫌いだと言うのです。

【中古】 モダン・ゴルフ ハンディ版 /ベンホーガン【著】,塩谷紘【訳】 【中古】afb

 大嫌いなフックを打たないようにするためのヒントがあるに違いない、そう思ったのがこの本を読むきっかけでした。

この本は、私にとって、第二のバイブルになります。

第一のバイブルが、アメリカ打法教典ですから、それよりも前の書籍に先祖返りしたわけです。

普通、最新の理論に進んで行きそうですが、遡るところが、歴史好きな私らしいと思いました。笑

ベン・ホーガンがフックを克服した理由

ベン・ホーガンという偉大なゴルファーはいかにしてこのフックと言う難問を解決したのだろうか?

これが私の問いでした。

この問いに対し、ホーガンはグリップをスクエアにしたというのです。

それまで全くグリップについては無頓着でした。

藤田寛之プロを真似てストロンググリップに握っていましたが、これとて特にこうしなくてはならないという確固たる決意があったわけではなかったのです。

ゴルフはグリップに始まりグリップに終わると言います。

フックと言う難問は、すでにグリップの時点で生じていたのだと考えたとき、なぜか、それまでの悩みに光が差したような気がしました。

まとめ

ゴルフを始めて、ピッチングウェッジを一生懸命練習してきて、ほぼほぼまっすぐ飛ぶようになってきたところです。

そんな時、私はフックボールという一見好ましい感じのボールが多発するようになりました。

フックボールは、飛距離が出て、強いボールが出るというメリットがあります。

しかし一方で、正確性が悪く、止まりづらいというのがあります。

正確性が命のショートアイアンでは致命的です。

ゴルフは、最初の一歩を決めたら、あとはそれに沿う形で進めていかないとどっかで壁にぶち当たるのだと思います。

その原因が、初歩の初歩であるグリップ、すなわちストロンググリップにあるのではないか、と当たりをつけるに至りました。

ベン・ホーガンのようにスクエアグリップで握ろう、そう決めた瞬間でもありました。

 

あなたのゴルフライフが楽しく実りあるものでありますように!(*^_^*)!

 

Sponsored Links