ゴルフ練習代のコスト削減。自宅にゴルフ練習場を設置。アメリカで販売実績20年のゴルフネット。



ゴルフ練習の仕方を工夫する

ゴルフはおもしろいですよね。やっていると本当にハマります。

ゴルフを練習しようとして打ち放し場に通うのにもお金がかかります。打ち放し場で打ち放題サービスがある練習場もあるにはありますが、ないところもあります。

打ち放題サービスがない練習場では1球当たり10円から安いところでも7円くらいではないでしょうか。私のように安月給のサラリーマンゴルファーの方なら、もっと安く練習出来たらなって思う方もいらっしゃることと思います。

もし、自宅の庭に空きスペースがあり、次のような思いを抱いている方は参考になるアイデアだと思います。

・ゴルフが好きで好きでたまらない。でもお金がかかってたいへん。もっと安くゴルフをうまくなりたい!

・ゴルフを練習しているところを誰にも知られることなくうまくなりたい!

・仕事から遅く帰ってきて、練習場に行きたいけど営業時間外。少しでも練習したい!

・練習場が近くになくて遠い、あるいは練習場が空いている時間に練習場に行くことができない。近くに練習場がほしい!

・毎日練習場に行くのはおっくう。でも練習しなきゃ!

どうですか?当てはまった項目は何個あったでしょうか?一個でもあればおススメです。
Sponsored Links

自宅にゴルフ練習場を作る!アメリカで実績のあるゴルフネット

おススメの商品は、これです。

この商品です↓。下のをテキストをクリックすると公式ページに飛びます。

【安心の20年実績 ゴルフネット】 Spornia 自宅でドライバーやアプローチ練習に 初心者にも設置が簡単な練習器具 スポーニア
この商品はアメリカでも実績のあるブランドで、レビューを見ると、5件(2019年5月時点調べ)あって、いずれも良い評価です。具体的には耐久性が優れていて、折り畳みが簡単というものです。

他には、自宅の庭に置くスペースとしても、ある程度広いスペースが必要ではあるけれどかなりコンパクトに設計されているとのこと。

あと、特筆すべき点として、音が静かであることですね。ネットが防音で音が静かであるとのこと。これなら近所迷惑にもなりにくいですね。

自宅に練習場を作ってしまえば、かなり練習場に行く経費も頻度も抑えることができます。しかも毎日自分の都合の良い時間に練習できます。もちろん自宅なので、ライバルに内緒で差をつけることもできます。

打ち放し場での練習と併用がおススメ

打ち放し場では打ったボールの飛んでいく姿を見ることができます。これは自宅の練習場では見ることができません。ただそのデメリットも打ち放し場と併用することで解消できます。

そうすることで打ち放し場だけでの練習よりはコストが格段に安くなると思われます。例えば打ち放し場でのだいたいの相場は1球あたり7から10円くらいだと前に書きました。

仮に1球あたり10円だとして、ゴルフで重要なアプローチの練習をする時、100球くらいは簡単に打ってしまうと思いますが、そしたら単純計算で1,000円です。・・・・・(-_-;)

そしてそのあと、アプローチだけでは終わらないので、アイアン、ドライバー、ウッドとか打っていったら、プラス100球近くは打ってしまいますよね。そうすると合計して200球。これで合計2,000円です。・・・・・(-_-;)

人によっては打ち放し場で打ち放題を利用する人もいると思います。打ち放題の金額もだいたい1時間当たり1,500円くらいはしてしまいますよね。また、時間帯や場所によっては、打ち放題がない練習場もあります。

なので、打ち放し場に行くのは、10球から30球くらいをボールがどんなふうに飛んでいるかを確認する程度で一週間に1日でも十分ではないでしょうか。そうすると1球10円としても100円から300円で済むことになります。
Sponsored Links

打ち放し場での練習費用を概算してみる

仮に打ち放題の費用を1時間当たり1,500円としてみます。そして練習をどのくらいの頻度で続けるかって考えてみますと、熱意のある人は毎日続けられるかもしれませんが、仕事とかいろいろな都合も考えると、1週間に練習できても3日くらいではないでしょうか。

すると1週間で1,500円 × 3日 = 4,500円(週当たり)

です。・・・・(-_-;)

とすると、1か月を4週間とすれば、4,500円 × 4 = 18,000円(月当たり)

です。・・・・(-_-;)

1年間だと、18,000円 × 12か月 =216,000円(年当たり)

ウォーーーーーーン (;_:)

参考までに、打ち放題ではなく、週に3回、200球の練習を1球10円で行う場合の経費を計算してみます。

≪1日の練習費用≫

200球×10円=2,000円(日当たり)

≪1週間の練習費用≫

2,000円×3日=6,000円(週当たり)

≪1か月の練習費用≫

6,000円×4週=24,000円(月当たり)

≪1年間の練習費用≫

24,000円×12カ月=288,000円(年当たり)

打ち放題の方が少し安くなりそうですが、それでも年間20万円以上かけているというのはかなり驚愕ですね。知らないうちに結構使っているものです。(-_-;)

年間でこれだけ毎年かかることを考えると、自宅にネットを設置する方が、一回に払う金額(初期投資)は高いですが一回出費して自宅に設置してしまえば、あとは使い続ければ続けるほどコストは安くなっていきますのでお得です。

まとめ

打ち放し場では打った球の飛び姿を見ることができるのが大きなメリットです。これは自宅の練習場では見ることができません。また、その日の気分によっては打ち放し場でやりたいってこともあると思います。なので、全部練習場を自宅で完結しようとしなくても良いと思います。

大事なのはバランスだと思います。例えば、アプローチは練習場で打つとかなり割高になってしまいます。わずか30ヤードを打っても、ドライバーで200ヤードマン振りしても1球のコストは変わらないので、練習場ではアプローチは打ち放題でもなければあまりやりたくないですよね。

なので、ドライバーとか遠くに飛ばすクラブの練習は打ち放し場でやり、アプローチとか、短い距離を打つ練習は自宅の練習場でやるようにすれば理想的だと思います。

何といってもドライバーは、広い打ち放し場で遠くに飛ばして、どんな飛び方をするのか見たくなるものですよね。

いかがでしょうか?自宅練習場の設置はけっこうメリットの面が多く得ではないでしょうか。

あなたのゴルフライフが楽しくありますように。

 

【ゴルフ事前準備まとめ】当日ゴルフを最高に楽しむためには用意が大事に戻る

Sponsored Links