ストロンググリップの人はトップの時の左手に気を付けろ!



ストロンググリップでもフックに悩まない方法があった!

ショートアイアンのフックに悩む。その原因はグリップ?』でも書きましたが、ストロンググリップがフックの原因になっていると考えました。

これはこれで結果から見ると間違えてはいませんでした。

しかし、せっかく慣れ親しんだグリップです。どう握ろうと、それまで握っていたグリップでやり続けたいと思う人もいると思います。

かく言う私も、当時は、フックグリップをスクエアグリップにするために苦労しました。とにかく変えたばかりは、こんなんで打てるのか?って思うことしきりでした。

また元のストロンググリップに戻そうかと何度思ったか知れません。

Sponsored Links

ストロンググリップ以外にもフックの原因がある!

当時は、とにかく原因が何かわかりませんでした。手探りで藁をもつかむ思いで考えて、やっとのことグリップに行き着いたというものでした。

今から思い返して見るとわかることがあります。

フックグリップ以外にも原因らしきものがあったことに。

それは、トップの時の手の形です。

アプローチを打っているときはそんな気になりません。しかしフルスイングの練習をするとき、トップで左手の甲を平にするようにアドバイスされた人はいませんか?

私は、いろいろなゴルフ雑誌を見る中で、何度かトップでの左手の甲の形を、手首から手の甲の角度を平にするようにススメている内容を目にしました。

その時は、”ふ~ん、その方がいいのか~”くらいのことでしたが、今思い返せば、これが真の原因であったと感じます。

ストロンググリップで握った左手甲を平にすると起こること

アドレスして、ストロンググリップに握った左手甲を手首から平らにしてみると分かります。

フェース面が左を向きませんか?

アドレスで構えたときには、左手の甲に角度ができています。

その時、自分から左手を見て、左手を握った時にできるナックル(ぼこぼこ)が薬指のところまで見えると思います。

これが、トップでするように左手の甲を平にすると、左手を握った時にできるナックルは、中指くらいまでしか見えません。

アドレスではターゲット方向にまっすぐ向いていたフェース面が、トップを境に左を向くということは、ボールが左に曲がるフックボールを打つ準備をしているのと同じです。

 

Sponsored Links

スクエアグリップだからこそ成り立つ理屈

左手の甲が平らになるというのは、スクエアグリップで握るからこそ成立する理屈だと思います。

スクエアグリップに握って同じことをしてみると、多少は、構えたときよりも左を向くことはありますが、ストロンググリップほどではありません。

ちなみにウィークグリップに握って同じことをしてみると、左手の甲を平にするだけではフェース面がまだ左を向いているかもしれません。

左手の甲を平にすることを意識する場合には、ストロンググリップではなく、スクエアグリップでしてみると良いと思います。

 

グリップを変えて学んだこと

私はスクエアグリップにしてフックを克服しました。しかし、ストロンググリップの状態でもフックを克服できると思います。

問題なのは、グリップをどうするかを決めるところから、採用する理屈は決まってくるということでした。

スクエアグリップで握っている人に対して通じる理論を、フックグリップで握っている人にも当てはめてしまうと、悩む必要のないことで悩ませることになります。

私は、フックグリップの人に対して、トップでは左手の甲を平にせず、アドレスで構えた角度を維持してトップを作ることをおススメします。

バックスイングの時に、左手甲を平にするとすれば、インパクトではまた左手の甲の角度をアドレスの時の角度に戻さなくてはなりませんから。

 

まとめ

ストロンググリップに握っていて、フックに悩んでいる人に対して書いています。

特に、長年慣れ親しんだグリップは変えたくないという人です。

もしトップで左手の甲を平にしているならば、それがフックの原因です。

左の手の甲を平にすることでフェース向きが極端に左を向き、フックボールを誘発しているかもしれません。

握り方一つで、採用する理論は違います。病気の種類によって処方する薬が違うのと同じです。

私は、スクエアグリップに代えてフックを克服しましたが、ストロンググリップでも克服することができるのではないかと思い記事にしました。

今振り返るから思い至ることです。参考にしていただければと思います。

 

あなたのゴルフライフが楽しく実りあるものでありますように!(*^_^*)!

Sponsored Links