ゴルフはプレーする前から始まっている。コースを知ることのアドバンテージ



ゴルフ直前の心境

ゴルフに行く前の日ってめちゃくちゃ楽しいですけど、なんか入れ込んでしまうというか、変に力んでしまうことってありますよね。特に前日や前々日にはかなり気が高ぶってしまいます。

そんなときあなたは何をしますか?

練習しに行きますか?

汗だくになって一生懸命スイングをああでもない、こうでもないといじってしまって、当日なにが何だかわからなくなってしまったなんてことありませんか?

私はけっこうあります。

私が前日とかにするといいかもって思っていることをお伝えします。

Sponsored Links

心の調整をする

コースレイアウトをイメージすることです。

前日や前々日にスイングをいじっても逆効果です。

練習を全くしないというのもどうかと思いますので適度に練習するのはいいと思いますが、やりすぎるのはかえってよくないと思います。

心の調整をするのがベストだと思います。

ゴルフは結局はメンタルによる面が大きいです。

私は、行きつけのコースが特にあるわけではありません。だいたいは初めてのコースとか、仮に行ったことがあるとしてもそれほど頻繁ではないのでコース自体をあまりよく覚えていません。

なので、コースは当日ぶっつけ本番で挑むことになります。

コースを知ること

レイアウトが良く分かっていないので、そのホールのティーグラウンドに立ってそのレイアウトが分かるということも多いです。

当然、グリーンは速いのか遅いのかもわかりません。

またグリーン上のピンの位置が分からないのも不利です

それが連続9ホール、スループレーだと18ホール続くのです。

これは精神的に相当な負担を抱えていることになります。

ゴルフはコースとの闘いであると言われます。

全く敵を知らずに挑むようなものですよね。

想像してみてください。もしコースレイアウトやホールヤーデージをあらかじめ知っていたらどうかと。

ホール攻略のプランを練ることができるのです。

このメリットは大きいと思いませんか?

おそらくスコアにして数打は変わってくると思いませんか?

 

Sponsored Links

コース攻略のプランの練り方

具体的にどうするか?

コースレイアウトやヤーデージなどは、スマホやパソコンで簡単に調べることができます。楽天goraで調べてみるとわかります。

まず、ヤーデージを確認します。ホールごとの距離を把握します。

私の場合、まずは、パー3のホールを調べます。すると、そのパー3のホールで何番のクラブを握っているかをイメージすることができます。

例えば148ヤードのコースがあったら、7番アイアンを握っているのを想像できるのです。

ピン位置は当日にならないとわかりませんが、グリーンの中央までの距離を打てばそうそう大きくずれることはありません。

コース攻略のプラン ロングホール

次に、パー5を調べます。

パー5で見るのは、何打でグリーンに乗せることができるかです。

パーオンができるホールでは、ドライバーの落とし場所を考えておく必要があります。

そこでコースレイアウトを見るわけです。

コースレイアウトでどのあたりにドライバーを打てばいいのか、大体のイメージをつかんでおくのです。

別にドライバーを使う必要はありません。短いパー5ならアイアンで刻んでいってもパーオンが可能であればそちらの方が安全です。

 

コース攻略のプラン ミドルホール

最後にパー4を調べます。

パー4は一番多いホールです。このホールで、パーオンができるのか、それともボギーオンができるのかを判断していきます。

注意しておいた方がいいのは、パーオンを無理に狙わないホールを決めておくことです。

大体のコースでは、距離の長いミドルホールを置いています。何が何でもパーを取ろうとすると痛い目を見るのがこの種のホールです。

最初からボギーでいいと思えば、大けがはしなくて済みます。

仮にどうしてもパーが欲しいというならば、3打目に良い位置から打てるように努力するのが良いと思います。

第一打目をドライバーで強振して距離を稼ごうとするより、そして第二打でスプーンを強振してグリーンに乗せようとするより、はるかに確率は高いと思います。

 

コース攻略のプラン 天気

最後に、当日の天気を考えます。

天気は、前日、前々日にはだいたい決まってきます。ある意味、一番最初に分かることなのですが、天候不順な季節や、風の吹く季節には、大きく変わる場合があります。

曇りでも雨が降れば勝手が違いますし、晴れていても暑い寒いで変わります。

雨が降ればレインウェアの準備が必要でしょうし、天候によって準備するものが変わってきます。

コースの状況を頭に入れたうえで、当日天候による影響に対し臨機応変に対応するのが良いと思います。

 

まとめ

ゴルフはプレーする日の前からすでに始まっていると言われます。スイングが良ければスコアが良くなるというわけではありません。当日の体調不良などもありますし、天候などにも左右されます。

逆に言えば、すべてのコンディションが最悪だとしても、なぜか無心でプレーできて最高のスコアが出たってこともあるのですから不思議です。

当日のゴルフをより良いものにするためには、心を整えることが最も大事だと思います。

スイングをいくらいじっても間に合いません。むしろ、当日朝、一番ホールを無事スタートすることができるように準備することが最も効果のあることなのではないかと思います。

あなたのゴルフライフが楽しく実りあるものでありますように!(*^_^*)!

Sponsored Links