藤井聡太五段対羽生永世7冠の注目の初公式戦。羽生7冠、雁木で応戦するも、難局を制したのは藤井五段!中編



がっぷり四つに構えて先手は仕掛けの間合いをはかる。

前回雁木の原型に組上がった地点までいきましたので、再度局面を掲載したいと思います。

一応ここまでの手順を参考までに。

▲2六歩 △8四歩 ▲7六歩 △3二金 ▲7八金 △8五歩
▲7七角 △3四歩 ▲6八銀 △4四歩 ▲4八銀 △6二銀▲4六歩 △6四歩 ▲4七銀 △6三銀 ▲5六銀 △5四銀▲6九玉 △4二銀 ▲7九玉 △5二金 ▲2五歩 △3三角▲3六歩 △4三銀上  。

じっと、この局面を見つめていますと、先手は右四間飛車で攻めようとしています。しかし、25歩が邪魔で桂馬がはねられないな~って思っていました。4筋からの攻めということを考えると、なんとなく、後手の雁木が矢倉よりもバランスがいいと感じます。

というのは、銀が43の地点にいて、桂馬の効き筋に入っていないため、というのと、角を交換する展開になった時、自然と桂馬が活用できますし、角を持ちあった時に、角の打ちこみの隙がなさそう、っていうのがその理由です。

この局面から、一体どんな攻防が繰り広げられるか、って見ていましたら・・・

いよいよ先手仕掛ける

▲3七桂 △4二玉 ▲9六歩 △9四歩▲1六歩 △1四歩▲4八金 △7四歩 ▲4五歩 

駒組みが進みつつ、端歩を両方とも突き合って、▲48金と上がった手が少し意外な感じがしたのですが、後で飛車を最下段まで引く準備なことがわかりました。▲48飛車と回って右四間にして攻めていくのかなーって思っていたので、なおさらびっくりでした。

因みに4筋に飛車を回って攻めた時、金を59金みたいな形で寄るのが好きです。昔、升田幸三さんが似通った局面(確か矢倉戦・・・(-_-;)あとで詳細は記事にしようと思います。ご容赦を・・・)で指されていて、嵐の吹きすさぶ中、まるで一瞬、時が止まったかのような金寄りに感動したことを思い出しました。

もしそうだったら、余計にびっくりするところでした。

さて、▲45歩と先端を開きました。

△同 歩▲3三角成 △同 桂 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △2三歩▲2九飛

先手の狙い通りでしょうか、角を交換してから、2筋の守りに効いていた角の効きがなくなったので、飛車先の歩を交換して、深く最下段まで飛車を引くことに成功しました。さて一段落して、手番は後手に。何を指すかと見ていましたら・・・

角を打って敵陣形を乱す

△4四角 ▲7七角 △同角成 ▲同 銀 △7三桂

角を交換して、77に銀を動かした意味は、次の73桂馬の当たりを強めるためなのでしょう。△73桂でなく、△86歩と歩交換をした場合は、先手玉が▲79に寄っていて、かつ▲88に入っていないことが絶妙で、▲44歩△同銀▲77角の飛車銀両取りがかかってしまいます。うん、絶妙(あらためて感心)。

いや参りました。かっこいいんです。次の手が。

至極の角打ち 端の自陣角!

▲1七角

一枚の画像に一手分だけ掲載しました。(なんと贅沢な~)

私、こういう自陣角、大好きなんです。藤井五段の将棋には、ほんとに自陣角が出てきます。ここから打つんですかッ、てくらい意外なところに打つんです。でも急所なんですね。それがぱっと見ただけでは分かりません。もとい私の棋力では分からないんです。え・・・って感じです。

この手もそんな手なんですよね。わかりますか?自分なりの解釈では、この局面次に三手から▲44歩と打つと銀が取られてしまいます。なので後手はそれを防ぐしかありません。

▲44歩を打たれて、△43の銀を逃げるというのは、玉頭に歩が垂れている状態になってしまうので有り得ないと思います。そうすると、角には角で△44角と打って防ぐことになります。

続きは次回に~。 チャオ。

前の記事:藤井聡太五段対羽生永世7冠の注目の初公式戦。羽生7冠、雁木で応戦するも、難局を制したのは藤井五段!

次の記事:藤井聡太五段対羽生永世7冠の注目の初公式戦。羽生7冠、雁木で応戦するも、難局を制したのは藤井五段!続中編

棋譜一覧表を表示する

【矢倉対雁木棋譜まとめ】どっちの戦法が優秀か考えてみた!』に戻る

Sponsored Links